このページの本文へ

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典第29回

日本撤退したNuu MobileはeSIM搭載格安スマホで再上陸に期待

2017年02月05日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャオミなどに代表される新興メーカーが、2010年過ぎから次々と生まれています。今回は日本にも参入した香港ベースのメーカーSun Cupid Technologyの「Nuu Mobile」を取り上げます。

低価格なミッドレンジでアメリカ市場を開拓

 Nuu MobileはSun Cupid Technologyのスマートフォンブランド。創業は2010年ですが、当初は取引先のメーカーブランドで製品を製造するOEMメーカーとして出発しました。

 スマートフォン市場の拡大に合わせ、次から次へと生まれる新興メーカーの裏方として、製造に徹した事業展開をしていたのです。同社が得意とするのは低価格なエントリーモデルや、手ごろな価格で買えるミドルレンジクラスの製品でした。

 やがて新興国を中心にスマートフォン需要がさらに旺盛になったことや、アメリカ市場でキャリアによるスマートフォンの値引き販売が相次いで廃止となったことから、自社ブランド製品としてNuu Mobileを立ち上げ、直接のスマートフォンの販売に乗り出します。

この連載の記事

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!