このページの本文へ

VRアダルト最前線第16回

最高画質は超美麗だがハンパない性能が求められる!?

油断ダメ絶対!VR専用アダルトゲーム「VRカノジョ」の体験版がヤバい【アダルトご注意】

2016年10月31日 21時00分更新

文● ハッチ/VRアダルティスト

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

VRが快適に動作するか計測が可能

体験版を起動すると、VRカノジョを体験する際に注意する三箇条が表示されます。VRヘッドマウントディスプレーを被ると、周りは見えなくなるので危険。思う存分楽しみたいなら、油断だけは決して許されないのだ

 カワイイ女の子の下着が覗ける!と一躍脚光を浴びた「VRカノジョ」をご存知ですか?アスキーのニコニコ生放送「デジデジ90」にて体験デモも行なってもらった、話題のVR専用アダルトゲームの体験版がついに配信されました。

体験版は公式ホームページからダウンロードが可能です

 今回の体験版ではヒロインの「夕陽さくら」ちゃんの部屋に行くデモと、本作品を快適に遊べるかを測定するベンチマーク機能「さくらベンチマーク」、さくらちゃんの部屋の扇風機になって欲望のまま風を送れる体験デモ。

VRカノジョのタイトル画面。目線で合わせて選択します

編集部から:この記事には、アダルト向けコンテンツの紹介が含まれています。不快と感じる方の閲覧は推奨しておりません。

 ちなみに本作はVR専用タイトルのため、PC用のVRヘッドマウントディスプレー(VRHMD)「Oculus Rift」または「HTC Vive」が必要です。さくらベンチマークでフレームレートを計測する場合にもVRHMDが必要です。

VRHMDが使える状態でないと、エラーメッセージが表示され、ゲームが起動しません

 さて、さっそくデモを体験と思いたいところですが、まずは自分のPCだと、どのぐらいの環境で遊べるのかをチェック。現在、私の家の環境はCPUがCore i7-4790、グラボがRADEON RX480、メモリー16GBといったところ。初期設定には解像度とクオリティー、RenderScale(描画解像度)が設定可能。解像度は1920×1080ドットが最大。クオリティーは映像品質であろうが「ハイクオリティ」、「クオリティ」、「ノーマル」、「パフォーマンス」、「エフェクト効果無」の5段階に分かれていました。

描画設定以外に、液晶ディスプレー側にも映像を表示するミラーリングのオンオフも行なえます

 試しに解像度を「1920×1080」、「RenderScale:200%」、「ハイクオリティ」でさくらベンチマークを起動したところ平均fpsが12、スコアーが8662とかなり低い結果に……VRに最適とされるRX480でこの結果とか、VRカノジョぱねぇ~(汗) そこで、今度はRenderScaleのみを100%に変えてチェック。今度は平均45fps、スコアー126486という結果に。大分上がりましたが、60fpsに届かないんですね。

スコアーの結果をまとめました。すべて3回づつ計測。RADEONのソフトウェアバージョンは16.6。ノーマル以降のRenderScale:100%は最大の90fpsに張り付き、誤差範囲の数値なので省きました
星の数はほぼ90fpsに近い数値を出すと3つ。60fpsくらいで2つという結果に。より快適に遊ぶためには、やはり平均で90fpsは必要なようです

 フレームレートが劇的に落ちるのは、RenderScaleを変えた時。一般的には100%で遊ぶので、200%はあくまで参考値と考えてもらえるとよいでしょう。とはいえ、100%にしてもRX480が1枚だけだと、平均フレームレートが90に届き快適になるにはノーマルを選択する必要があります。クオリティーの60fpsでも、特にカクつきは感じませんが、より酔いづらくプレイするにはノーマルに落とした方が無難かもしれません。

 では、実際に描画設定を変えると、どのぐらい違うのかを見てみましょう。

ハイクオリティ/RenderScale:200%
ハイクオリティ/RenderScale:100%
ノーマル/RenderScale:100%

 RenderScaleを変えると、全体的に解像感が低くなり、ややボヤケてしまいます。一方、クオリティを落とすと、輪郭の精細さが落ちていきます。スカートの端を見ると、ジャギーが荒くなっているがの分かりますね。

 RADEON RX480はVRカノジョを最高環境で楽しめないので、他のVRゲームも同じことが起こるのか?と疑問に思う人もいるかと思いますが、たとえばユービーアイソフトの「イーグルフライト」は、空を鷲になって飛び回りますが90fpsを維持し、酔いを感じづらく快適にプレイできます。そのほか、良くこの連載でも紹介しているKISSの「カスタムメイド3D2」も90fpsを維持し、快適にプレイできています。正式版はどのようになるか分かりませんが、現状VRカノジョのベンチマークの結果では、VRカノジョを最高環境で楽しむには、RX480では力不足となるようです。

イーグルフライトを「Fraps」で計測したところ90fpsを維持
さくらベンチマーク中はさくらちゃんが眠っている姿が表示されています。寝返りを打つ姿をスコアー計測中にガッツリ見て眺めていられます

この連載の記事

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!