このページの本文へ

旅行・翻訳・地図・ビデオ会議――コミュニケーションを加速させる8本紹介

LINE対抗メッセアプリAlloも登場! Google公式サービス再入門〈前編〉

2016年10月22日 13時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●村山剛史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いつの間にか増えているGoogleの便利なサービスを紹介

 日々のウェブ検索に欠かせないGoogleだが、ご存じの通り他にもいろいろなサービスを提供している。Googleのサービス一覧ページには42種類登録されているが、それ以外にもたくさん手がけているのだ。今回は、その中から、有名どころ無名どころをミックスして、16サービスを前編・後編に分けて紹介する。今年公開された新サービスや、進化した定番サービスなどをチェックしてみよう。

Googleのサービス一覧には42種類並んでいるが、これら以外にもさまざまなサービスを展開している

グーグルアシスタント対応のメッセージアプリ
Google Allo

無料/AndroidiOS

 9月20日に登場したばかりの「Google Allo」はメッセージングアプリだ。電話番号で友達を確認してコミュニケーションできると言うとLINEのよう。特徴を挙げるとすると、「Google Allo」はGoogleの人工知能bot「Google Assistant」に対応している点。

 レストランを探してくれたり、ジョークを飛ばしてくれたりする。ユニークなのが、友達との会話中にも利用できること。会話の流れを把握し、自動的に返答の候補を表示してくれるのだ。この返答は学習していくので、どんどん賢くなっていく。多人数とのやりとりをする人なら重宝することだろう。

 なお「Google Allo」はSIMの入ったスマホで利用でき、ウェブ版などは用意されていない。さらに現在のところは「Google Assistant」で使えるのは英語だけ。とは言え、年内には日本語にも対応する予定だ。

Googleアカウントと紐付けられるものの、表示ユーザー名や写真はAllo用に設定するアプリ起動直後は履歴がないので、まずは「Google Assistant」をタップ
執筆時点では、日本語には対応していなかった英語で腹減ったと入力したら、近くのレストランを紹介してくれる。検索結果は左右にスライド可能
電話番号で友達とつながりメッセージをやりとりしているところ。写真やスタンプも送ることができる「Google I/O 2016 Keynote」で紹介された画面。料理の写真が送られてきたことを判別し、「美味しそう!」といった返答候補が表示されている

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!