このページの本文へ

Word、Excel、PowerPoint、etc...をもっと便利に使える!

覚えておけば効率UP↑ Office 365の便利技〈前編〉

2016年10月01日 11時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●村山剛史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 月額課金でMicrosoft Officeをフルで使える「Office 365」が人気だ。お手頃価格で、従来のOffice Professional並のアプリが利用できるのだ。今回は、そんな「Office 365」の便利技を紹介しよう。一通り覚えておけば、文書作成から表計算、情報管理などの効率が向上すること間違いなしだ。

Microsoft Office 365とは

 「Office 365」はMicrosoft Officeのサブスクリプション型サービスだ。従来通り「Office 2016」も販売されており、そちらはインストールしたPCでずっと利用できる。「Office 365」は月額料金(年払いも可能)が発生する代わりに、常に最新のOfficeを利用できるし、Windowsに加えてMacやタブレット、スマホでも利用できるのがうれしいところ。

 利用できるアプリケーションも幅広く、WordやExcel、PowerPointから、Access、Publisher、Outlook、Lync、InfoPath、OneNoteと、パッケージ版Office Professionalに匹敵するラインナップなのだ。

 しかも、1TBのOneDriveのストレージまで付いてくる。通常は50GBあたり170円だから、これだけで月額3400円分。それなのに、個人向けの「Office 365 Solo」の価格は1ヵ月1274円。さらに年払いなら1万2744円と16%お得になる。

 通信販売の売り文句みたいになってしまったが、個人でOfficeを購入したいなら、「Office 365」はパッケージよりもお得なポイントが多いのでお勧め。パッケージ版や無料のウェブ版との比較は「ズバッと解決! Windows 10探偵団 ― 第90回 Microsoft Officeをお安く使う方法2」も参考にしてほしい。

家庭用の「Microsoft Office 365 Solo」はマイクロソフトのサイトなどから購入できる。年払いのほうが2ヵ月分お得になっている

TIPSその1 Office共通
Microsoft Office 365 Soloを購入・インストールする

 Microsoftのウェブサイトから購入できる。お得な1年払いが大きく表示されているが、「または1ヶ月あたり\1274で購入する」をクリックすれば、月額課金も選べる。いきなり買うのも不安と言う人は、「1ヶ月間無料で試す」で試用するのもいいだろう。

 購入したら、「Microsoft Office 365 Solo」の管理画面を開き、「インストール」をクリック。アプリ群をインストールしよう。

 なお、Microsoft Office 365 Soloは2台までインストールできる。Windows、タブレット、Macを問わないが、3台目にインストールすることはできない。以前インストールしたOfficeが不要になったら、管理画面からその端末を非アクティブ化すればいい。

年払いの「Office 365 Solo」の購入画面。執筆時点(9月14日)では、さらに600円強の割引が適用されていた
管理画面からOfficeをPCにインストールできる
すでに2台の端末にインストールしている場合は、「非アクティブ化」しないと、次の端末にインストールできない

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!