• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

イベントレポート

注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2024February

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

動くスライムのプライズも激かわ

推しの子やSPY×FAMILYのプライズも!AM EXPOタイトーブースレポ

2023年11月27日 09時30分更新

文● ジサトラハッチ 編集●ASCII

タイトーブース

 アミューズメント エキスポ in 東京ビッグサイト(AM EXPO)のタイトーブースでは、『ストリートファイター6 タイプアーケード』の先行プレイができるほか、全国3ヵ所で好評営業中の体験型アトラクション『くらやみ遊園地』、数多くのプライズの展示があった。

各キャラクターが描かれたイラストが目を引いた

会場では全20キャラクターが使用でき、トレーニングモードで対戦が楽しめた

追加キャラクターの「ラシード」や「A.K.I.」も使用できた

多くの格闘ゲームファンが対戦を楽しんでいた

 くらやみ遊園地は、くらやみをテーマに、謎解き・脱出・サウンドホラーなどを1つの場所で複数のゲームで楽しめるミッションクリア型のホラーアトラクション。会場ではサウンドホラーの『くらやみレストラン』、新作の『くらやみ列車』が楽しめた。

アトラクションの前には、リアルなゾンビが客引きに

『くらやみレストラン』では、ディナーを完成させるのに参加者の協力が必要になるサウンドホラー。同時プレイ人数は1~6名、ゲーム時間は約15分

『くらやみ列車』は乗ったら2度と降りれない「亡霊列車」の車内で不思議な現象、聞こえてくる断末魔の悲鳴。正しい選択をして電車から降りることを目指すホラーアトラクション。同時プレイ人数は1~4名、ゲーム時間は約15分

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう