• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022December

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

引き続きロボダッチのタマゴローがアニバーサリーロゴに友情出演!

「プロジェクトEGG」が21周年!実施予定のキャンペーンをチラ見せ!?

2022年11月24日 20時00分更新

文● ASCII

 D4エンタープライズは11月24日、日本最大級のレトロゲームサービス「プロジェクトEGG」が21周年を迎えたことを記念して、「21thアニバーサリーキャンペーン」を開催すると発表。引き続きレトロ&EGGつながりでロボダッチのタマゴローがアニバーサリーロゴに友情出演するほか、21周年ならではの多数の企画を準備中だという。

「プロジェクトEGG」21周年キャンペーンダイジェスト!

 21周年では、昨年とは違ったさまざまな施策を検討しているとのこと。もちろん、ここで紹介するものはその一部。これ以外の企画も着々と進んでいるということなので、続報にも期待しよう。

1.アニバーサリーロゴにタマゴローが友情出演!

 1975年より人気の「ロボダッチ」の作者・小澤さとる先生の協力により、昨年同様、21周年ロゴにも「ロボダッチ」のタマゴローが友情出演することが決定。今後はこの取り組みをステップアップする予定だという。

2.アミューズメントセンターが大幅にリニューアル!

 アミューズメントセンターの大幅リニューアルを予定。レトロゲームが探しやすくなる。

3.「プロジェクトEGG」ランチャーのリニューアル!

 EGGランチャーをリニューアル予定。より使いやすいランチャーでレトロゲームの管理やプレイが向上する。

4.AC会員になるだけで遊べる無料タイトルの配信!

 「プロジェクトEGG」でゲームをダウンロードするには無料のアミューズメントセンター会員になったうえで、EGGサービス(有料)への加入が必須だったが、一部タイトルに限りアミューズメントセンター会員になるだけでダウンロード&プレイを可能になる。

 よりレトロゲームが身近になるので、アミューズメントセンターリニューアルを期待しよう。

5.アニバーサリーを記念してTGLが新規参入! 同時に3タイトルを配信!

 「プロジェクトEGG」21周年の当日である2022年11月24日に「ソードダンサー」「ソードダンサー増刊号」「ソードダンサー増刊号’93」を同時配信。

6.レトロゲームTシャツの販売を予定!

 数多くのレトロゲームの中から選りすぐりのタイトルがTシャツに。ユニークなレトロゲームTシャツを通してレトロゲームの普及やブランディングを行なっていくという。

7.D4E全面協力! 「保志総一朗のレトロゲームサンデー」でイベント開催!

 保志総一朗さんがレトロゲームをプレイしたり、レジェンドクリエイターと対談したりする「保志総一朗のレトロゲームサンデー」。2022年12月9日にイベントを開催する。

保志総一朗のレトロゲームサンデー
https://ch.nicovideo.jp/gamesunday

8.「二次創作(ゲーム実況)ガイドライン」を公開!

 ガイドラインに沿えば、D4E版権タイトルを使った動画投稿・ライブ配信の収益化が可能に。KADOKAWAが提供するサービス「クリエイターサポートプラグラム」を活用することで、レトロゲームの普及を推進していくとのこと。

「プロジェクトEGG」二次創作(ゲーム実況)ガイドライン
http://www.amusement-center.com/about/guideline.php

9.100万ACポイント争奪! 最大50%の大還元!

 キャンペーン期間中の還元ポイントの合計が100万ACポイントに到達するまで、通常では 10%の還元率を“最大で50%までUP!”する。

10.プロジェクトEGGで配信中の有料タイトルが最大85%オフ!!

 キャンペーン期間内はプロジェクトEGGで配信中の“約800もの有料タイトルが最大で85%オフ!”に。80&90年代を彩った懐かしい名作・話題作、そして予想もしなかった作品まで盛りだくさんの内容となっているので、サイトをこまめにチェックしよう。

11.レトロゲームミュージックの配信プラットフォームの拡大!

 「EGG MUSIC」で配信しているレアなレトロゲームサウンドをほかのプラットフォームでも配信。より多くのユーザーに向けて、レトロゲームサウンドの普及や啓蒙活動を行なっていく。

 

 そのほか、最新情報はD4エンタープライズ公式Twitter(@project_egg)で発信予定なので、こちらもあわせてチェックしよう。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう