このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

iPadをもっと使いこなす!”驚”活用テク 第4回

iPadとMacがシームレスにつながって、ファイルのやり取りも超簡単!

【活用提案】iPadのアプリをMacのキーボード&マウスで操作 「ユニバーサルコントロール」で効率アップ!

2022年10月24日 14時00分更新

文● 岩渕 茂 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPadとMacを連携させて使える代表的な機能が、「ユニバーサルコントロール」と「Sidecar」だ。どちらもiPadとMacを無線でつないで操作できるという点で共通しているが、両者にははっきりとした違いがある。

 2つの機能をそれぞれ一言で言い表すと、ユニバーサルコントロールは“Macの入力環境を拡張する”もので、Sidecarは“Macの画面を拡張するもの”だ。それぞれの役割は明確なので、具体的な使い方がイメージできれば、シーンに応じて活用できるだろう。まず、今回はユニバーサルコントロールを取り上げ、その活用方法を紹介していこう。

「ユニバーサルコントロール」でiPadとMacを連携

 ユニバーサルコントロールは、一組みのキーボードとマウス(あるいはトラックパッド)で、MacもiPadも操作できるようになる機能だ。つまり、前述したように、“Macの入力環境を拡張するもの”と考えればわかりやすい。連携したすべてのデバイスを操作できるので、とても便利なのだ。

 実際、どんなふうに便利なのか、活用事例をいくつか紹介していこう。

●iPadのメッセージアプリにMacのキーボードから文字入力

 MacとiPadでは同じアプリが用意されているが、それらを比べたとき、iPad版のほうが使い勝手がいいと感じるケースはけっこう多い。例えば、SNSアプリの「Twitter」や「Facebook」、メッセージアプリの「LINE」、チャットツールの「Slack」などである。

 ならば、そういったアプリはiPad版を使って、操作はMacで行うようにすればいい。そんなときに便利なのがユニバーサルコントロールで、iPadに触れることなく、Macのキーボードを使ってメッセージが入力できて、とても効率的だ。メッセージを添付するような場合でも、何の問題もなく操作できる。

iPadでチャットツールを使っている場合、Macのキーボードから入力ができるので、よりスムーズにやり取りできるのがポイント。

●iPadで「YouTube」を見ながら、Mac側でコントロールする

 「YouTube」で動画を視聴する場合も、Macのブラウザーを使うよりはiPadの専用アプリで見たほうが使い勝手がいい。また、Macでの作業中に、動画再生によるマシン負荷を抑えられるというメリットがある。しかも、再生中はスキップや巻き戻しなどのキーボードショートカットをMacから使えるので、例えば、動画を見ながら学習をするといった場面でも重宝するだろう。

「YouTube」視聴時も、Macでスキップや巻き戻しといったキーボードショートカットが使えるので、使い勝手はかなりいい。Macの負荷を下げられるのもメリット。

●iPadを縦置きにして文章作成をする

 長い文章を書いているとき、ディスプレイが縦長だと便利だと思うときがある。こんなときは、iPadを縦向きにして使ってみよう。文章の前後が確認しやすくなる。ユニバーサルコントロールは、アイデアしだいでいろいろと便利に使えるのだ。

iPadを縦に置いてもユニバーサルコントロールは動作するので、長文の作成時はiPadのアプリを使うのがおすすめ。ふだん使い慣れたキーボードで入力できるので、作業もスムーズだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中