このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

石川温のPCスマホニュース解説 第147回

ソニー・ホンダモビリティ、最大のライバルは“身内“か

2022年10月14日 17時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー・ホンダモビリティ設立発表会見 筆者撮影

 ソニーとホンダが折半で出資する「ソニー・ホンダモビリティ株式会社」が10月13日、設立発表会見を開催した。

 第一弾となる高付加価値EV(電気自動車)は2025年前半から先行受注を開始し、同年中に発売。納車は2026年春に北米からスタートし、日本は2026年後半を予定している。

 まず、北米市場を意識しているということは、当然、航続可能距離はかなりの長距離を想定しているのだろう。結果として巨大なバッテリーが搭載できる大型のクルマ、テスラに匹敵するような高価格帯になるのではないか。

北米製造の高付加価値EV

 自動車業界全体でガソリンやハイブリッドから電気自動車にシフトしていく中、自動運転やコネクテッドなど、IT企業が自動車業界に参入できるチャンスが増えてきた。

 ソニーは自動車の分野において、センサーやエンターテインメント分野、コネクテッド、ロボティクスなど様々な技術やコンテンツで勝負することができる。

 そのため、自社で電気自動車の開発を進め、「VISION-S」というコンセプトカーを開発していたものの、さすがにソニーで自動車を量産するのは難しい。

 そこで、パートナーとして浮上したのがホンダだった。

 2025年に発売する高付加価値EVは、アメリカにあるホンダの工場で製造する予定だ。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ