このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

石川温のPCスマホニュース解説 第148回

ニコンやライカ、フェイク画像対策にAdobeの新技術

2022年10月24日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ニコンとライカはAdobe創設の「CAI(Content Authenticity Initiative)」に参加し、来歴記録機能に対応するカメラを開発していることを明らかにした

 Adobeは10月18日、アメリカ・ロサンゼルスにおいて、クリエイティブの祭典「Adobe Max 2022」を3年ぶりにリアルで開催した。

 そのなかで、2019年にAdobeが創設したCAI(Content Authenticity Initiative)に800以上の企業や団体が所属しているとし、カメラメーカーであるニコン、ライカが対応するデジタルカメラを開発していると明らかにした。

 そもそも、CAIとはどんな団体なのか。

 インターネット上には画像などデジタルコンテンツがあふれているが、実際には様々に加工されたフェイクも数多い。そうしたフェイク画像が真実のように伝えられ、結果として間違ったニュースとして世間に広まることもある。

 そうした状況を防ぐため、デジタルコンテンツが誰によって作られ、どういった加工がされたのを確認できるようにしようというのがCAIが発足した理由だ。こうした取り組みはAdobe1社では実現できないため、メディアやIT企業、非政府団体、学術機関などが参加し、コンテンツの信頼性や透明性の向上に向けた議論や技術導入を進めている。

株式会社ニコン 映像事業部開発統括部ソフトウェア開発部第一開発課 末長亮太氏(左)、株式会社ニコン 映像事業部UX企画部 井上雅彦参事(右)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン