このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第985回

Bloomberg報道:

アップル、iPhoneのサブスクリプションサービスを年内開始?

2022年09月21日 14時40分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルはiPhoneのサブスクリプション(定額払い)サービスを早ければ年内にも開始するという。米メディアBloombergのMark Gurman記者がニュースレターで9月11日に発表した。

 同記者によれば、このサブスクリプションサービスはアップルのバンドルサービス「Apple One」と統合できるハードウェア用サブスクリプションサービスだという。

 金額については明らかにしていないものの、ユーザーが選択したiPhone 13やiPhone 14といったモデルに応じて月額料金が異なる仕組みで、従来の12ヵ月払いは24ヵ月払いといった分割購入サービスとは異なるものだそうだ(日本では36ヵ月払いの24、25ヵ月目で返却するプログラムが提供されている)。

 現在アップルは、新しいiPhoneのモデルが登場したとき、どうやってユーザーが新型iPhoneに交換できるようにするかを話し合っているとのこと。

 このサービスは早ければ年内、遅くとも来年のどこかで開始される予定だという。毎年、新型iPhoneに買い替える人には便利かもしれない。

   

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中