このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第249回

300馬力になってもアルピーヌ「A110 GT」のオシャレさと快適さはそのまま!

2022年08月27日 15時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●新 唯(@arata_yui_)編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アルピーヌ/A110 GT(893万円)

 まずは今夏のスペシャル企画・新 唯(あらた・ゆい)さんの浴衣姿をご覧ください。実に艶やか、日本の美、ファンタスティック! 実に素晴らしいではありませんか。これだけで不肖は大満足なのですが、その横にあるアルピーヌ「A110 GT」が、浴衣姿の唯さんに負けず劣らずの素晴らしさなのです。日本と仏蘭西のファンタスティックなマリアージュを楽しまれたところで、今回は今年2月に国内販売を開始したアルピーヌ A110のマイナーチェンジモデルから、グランドツーリングモデルのA110 GTをご紹介したいと思います。

オシャレな大人のスポーツカー
それがアルピーヌ A110

 アルピーヌ A110はコンパクトなシャーシに、1.8リットル直4ターボエンジンをミッドシップに配置した2シータースポーツのパッケージを、フランス風のオシャレに包み込んだオトナのスポーツカー。ライバルとしてポルシェ 718ケイマンの名が挙がりますが、パッケージングという点では似ていても、オトナで大きく異なります。というのも、ポルシェはガチであるのに対し、アルピーヌは洒脱。好き嫌いはともかく、どちらも唯一無二、孤高の存在といえるでしょう。

 そんなアルピーヌ A110が日本にやってきたのは2018年のこと。以来、ASCII.jpではノーマルのA110と、ハイパフォーマンスバージョンのA110Sをご紹介してきました。どちらも日本の道に適した素晴らしいスポーツカーであると、今でも断言できます。お金があるならホントにマジでガチで欲しい!

アルピーヌ A110(プルミエールエディション)

 そんなアルピーヌA110には、ノーマルとSの他にGT(旧リネージ)というグレードが用意されています。このグレードは快適装備重雨日の豪華なグレードで、普段使いを考えるとオススメの1台になるのですが、なぜかASCII.jpで取り上げるタイミングがなく……。今回、マイナーチェンジし、グレード名も変わったこともあってご紹介する運びとなりました。

アルピーヌ A110のエンジンルーム(写真はMC前)

給油口は右側にある

ガソリンはハイオク専用。給油口にキャップがないので手を汚さないのは美質

 マイナーチェンジでは流麗なフォルムはそのままに、エンジンの最高出力が252馬力から300馬力へと大幅増強されたことがトピック。そのお姿を拝見したいところですが、残念ながらエンジンフードは簡単に開けることはできず、ちょっと残念。上の写真は以前撮影したMC前のモデルになります。ハイオク専用車で燃費は普段乗りで12km/L前後といったところ。意外と燃費がよかったりします。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ