前へ 1 2 3 次へ

DDR5を使うならASRockのハイクラスゲーミングマザー「Z690 PG Velocita」が断然オススメ

文●藤田 忠 編集●北村/ASCII

提供: ASRock

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 次世代メモリーのDDR5に対応したハイクラスモデルや、ホワイトデザインなどの見た目重視モデルなど、その選択幅を増やしているIntel Z690チップセット搭載マザーボード。

 ASRockは貴重なMini-ITX規格の「Z690M-ITX/ax」をはじめ、3万円を余裕で切るエントリーモデルの「Z690 Pro RS」や、定番のメインストリームモデル「Z690 Steel Legend」など、DDR4メモリー対応モデルが豊富だが、DDR5メモリー採用モデルも用意している。そのうちの1枚が、今回レビューするハイクラスゲーミング向けマザーボードの「Z690 PG Velocita」だ。

Phantom gamingシリーズの
ハイクラスZ690マザーボード

 ASRockのゲーミングブランドPhantom Gamingファミリーのハイクラスシリーズ「PG Velocita」のIntel Z690チップセット搭載モデルとなる「Z690 PG Velocita」。

 USBキーボードとマウスを別々のコントローラー経由で接続することで、混信のないスムーズな通信を実現するというASRock独自のゲーミング向け機能「Lightningゲームポート」に加え、PCIe5.0×4、128GB/sの転送速度に対応する「BLAZING M.2」スロットや、安定性に定評のあるゲーマー向け2.5ギガビットLAN「Killer E3100」と、Wi-Fi 6対応の「Killer AX1675x」などを搭載している。

ASRockハイクラスゲーミング向けマザーボード「Z690 PG Velocita」。実売価格は5万8000円前後

ダミー基板が入っているチップセットヒートシンク。PGロゴの円形デザインも男心をくすぐる

キーボードとマウスの接続を、通常のUSBインターフェースとPCIeインターフェースに分けることで、デバイスのトラフィックを安定させる「Lightningゲームポート」

PCIe5.0×4をサポートするM.2スロットの「BLAZING M.2」を装備。対応製品は未発売だが、製品登場後にスムーズに最速環境を構築できる

高速なネットワークをワイヤレスに実現できるWi-Fi 6を標準で搭載している

Core i9を安定動作させる堅牢な電源回路を搭載

 「Z690 PG Velocita」は、60A対応SPS Dr.MOSで構成された17フェーズの堅牢な電源回路を搭載している。そのため、CPUだけで消費電力(Maximum Turbo Power)が241Wに達する第12世代Coreプロセッサー最上位モデルのCore i9-12900K/KFでも安心して組み合わせられる。

 そのうえ電源回路部の冷却には、ヒートパイプで連結された2基のアルミニウムヒートシンクを備える。また、リアインターフェース側ヒートシンクには放熱を補助する冷却ファンを内蔵。さらにトップ側ヒートシンクには付属の30mm冷却ファンを追加できるほか、別途用意した40mmサイズの冷却ファンを増設できるブラケットも付属している。電源回路へのエアフローが減少する水冷CPUクーラーとの相性は抜群だ。

 なお、VRM冷却ファンはそれぞれ回転数制御が可能で、UEFI「FAN-Tastic Tuning」からは、トップ側の増設冷却ファンが「MOS FAN」、リア側ヒートシンク内蔵の冷却ファンが「VRM Fan」として認識、制御できる。

60A SPS Dr.MOSで構成された17フェーズの電源回路を搭載。放熱面積を増やすフィン構造のアルミニウムヒートシンクを装備する

CPU電源コネクターは8ピン×2仕様で、最上位CPUのCore i9でも安定した電力を供給できる

リアインターフェース側ヒートシンクには、冷却ファンが備わっている

トップ側ヒートシンク

2基のヒートシンクはヒートパイプで連結。電源回路の熱を効率良く放熱する

トップ側ヒートシンクには専用ブラケットで冷却ファンを増設可能だ

標準付属の30mmVRM冷却ファン。VRMヒートシンクの側面に取り付けられる

40mm角ファンを増設できるブラケットも付属している

回転数は手動設定のほか、「Silent」や「Standard」などのプリセットから動作モードを選択できる

「MOS Fan」「VRM Fan」は、「Silent」選択時にセミファンレスで動作するようになっていた

前へ 1 2 3 次へ

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月