このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

新車を買った情報2021 第78回

マツダ ロードスターRF プラグ交換やっちまった

2021年07月17日 12時00分更新

文● 四本淑三 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 新車を買った情報2021、私は四本淑三です。今回の話題の中心といたしますのはプラグ交換。前々回に汚れたエアクリーナーを交換したところエンジンのレスポンスがびっくりするほど良くなったので、プラグを替えたらどうなんだという話であります。

 ロードスターの純正装着プラグはデンソー「イリジウムタフ VCH20」。品番ZC20HPR11というものが付いておりまして、10万キロ交換不要を謳うもの。いま新車販売されている乗用車の純正装着は、ほとんどがこの長寿命タイプでしょう。

 私のロードスターの走行距離は3万5000キロ。まだ寿命の半分も使っていませんが、使ったぶんだけ性能も衰えているはず。ならば性能低下に備えて整えるのが「整備」。まあ実際にはプラグ交換やってみたかったと、ただそれだけの理由なのであります。

 交換するのはNGKの「プレミアムRX」。電極の合金にルテニウムを配合したもので、ただのイリジウムより偉いというので交換用プラグの定番となっております。ルテニウム自体はイリジウムより安価な金属ですが、熱にはめっぽう強いらしく、チップの形状にも工夫がある面白いプラグです。

 ロードスターに適合する品番はLKAR7ARX-11P。これを4本用意して準備完了。価格はアマゾンで税込5760円。1本あたり1440円でありました。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ