前へ 1 2 3 4 5 次へ

数年にわたってゲームや動画編集が快適にこなせる性能

4Kゲームプレイも動画編集もこなせる! カッコいい新ケースにRyzen 9&RTX 3090を搭載したハイエンドミドルタワーPC「FRGHB550/WSG」

文●藤田忠 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「FRGHB550/WSG」

 FRONTIERが販売する「GH」(FRGHB550)シリーズは、コストパフォーマンスに優れた人気のAMD Ryzen 5000シリーズを搭載した最新のデスクトップパソコンだ。

 6コア/12スレッドCPUのRyzen 5 5600Xに、GeForce GTX 1650を搭載したカジュアルゲーミング向けで税込15万円を切る基本モデルをはじめ、4K動画の編集も余裕の12コア/24スレッドのRyzen 9 5900Xや、重量級ゲームを高精細なWQHDや4K解像度でプレイできるNVIDIAの新世代GPUの最高峰に位置するGeForce RTX 3090、ピーク7000MB/secの超高速なリードアクセスを発揮するPCIe4.0に対応したNVMe M.2 SSDなどを搭載し、ゲーミングや動画配信、クリエイティブを、この先数年快適に行なえるスペックのモデルをラインアップしている。

 魅力あるカスタム性に加え、シックなブラックカラーと、PC然としないおしゃれなホワイトカラーの新型PCケースを採用しているのも目を惹くポイント。エアフローや水冷システムの搭載にこだわりつつ、独創的なデザインや高い剛性、高品質を実現するオランダのPhanteks製PCケースを採用している。エアフローとともにデザイングッドなフロントメッシュパネルに、ケース側面をスマートに彩るLEDイルミネーションバーや、強化ガラス採用のサイドパネルなど、映える作りになっている。

 今回は、このRyzen&GeForceを搭載した最新デスクトップパソコン「GH」シリーズのなかでもハイエンド構成の「FRGHB550/WSG」を詳しくみていこう。

AMD Ryzen 5000シリーズとともに、新型PCケースを採用した最新デスクトップパソコンの「GH」(FRGHB550)シリーズ

CPUクーラーには冷却性能を重視した水冷ユニットを選択することもできる

超高速なPCIe4.0×4対応NVMe M.2 SSDにカスタマイズすることもできる

試用機の主なスペック
CPU Ryzen 9 5900X(3.7GHz~最大4.8GHz)、12コア/24スレッド、TDP105W
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 3090 24GB
メモリー DDR4-3200 16GB×2 合計32GB(最大64GB)
ストレージ 1TB M.2 NVMe SSD(PCIe4.0×4 PM9A1 1TB)、2TB 3.5インチ SATA
内蔵ドライブ
通信規格 ギガビットLAN
インターフェース(フロント) USB 3.2 Gen1 Type-A×2、マイク入力×1、ヘッドフォン出力×1
インターフェース USB 3.2 Gen1 Type-A×6、マイク入力、ライン入力、フロント出力、HDMI出力、DisplayPort出力×3、PS/2端子、有線LAN端子
サイズ およそ幅200×奥行470×高さ465mm
OS Windows 10 Home(64bit)
前へ 1 2 3 4 5 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月