メモリーやストレージ容量の異なる3モデルをラインアップ

GeForce RTX 3070 Laptop GPU搭載の15.6型ゲーミングノートPC3モデル、FRONTIERから

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インバースネットは5月26日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRONTIER」から、GeForce RTX 3070 Laptop GPUを搭載するゲーミングノートPC「ZNシリーズ」を発売した。

 メモリーやストレージ容量の異なる3モデルをラインアップする。いずれもBTOによるカスタマイズで、メモリー/ストレージ容量やOfficeソフトの有無を選択可能だ。販売はFRONTIERダイレクトストアにて。

 ZNシリーズは、リアルタイムレイトレーシングに対応するGeForce RTX 3070 Laptop GPUを搭載する15.6型ゲーミングノートPC。ディスプレーはリフレッシュレート144Hzに対応し、FPSやバトルロイヤルなど動きが激しいゲームを快適にプレーできるとのこと。ストレージにはNVMe SSDを最大2枚まで搭載可能で、大容量データも十分に保存できる。

 明るさを5段階で調節できるバックライトキーボードも搭載し、暗所での利用時にキーを確認しやすい仕様とした。キーボードの色や発光パターンは専用ソフトで変更可能だ。

 共通スペックは、CPUがインテルCore i7-10870H、チップセットがHM470、OSがWindows 10 Home 64bit。インターフェースはUSB Type-A(USB 3.2 Gen1)×3やmicroSDカードスロットのほか、3840×2160ドット/60Hzの4K出力に対応するUSB Type-C(Thunderbolt 3対応)×1、HDMI 2.1×1、ミニDisplayPort 1.4×1も備え、本体のディスプレーとあわせて最大4画面の同時出力が可能だ。ワイヤレス通信はWi-Fi 6とBluetooth 5.0に対応する。本体サイズ/重さ(バッテリー含む)は、およそ幅357.5×奥行き238×高さ19.8mm/およそ2kg。

 最上位モデルの主なスペックは、メモリーが32GB(16GB×2)、ストレージが1TB SSD(M.2/NVMe)。価格は22万4800円。

 中位モデルの主なスペックは、メモリーが16GB(8GB×2)、ストレージが1TB SSD(M.2/NVMe)。価格は21万4800円。

 下位モデルの主なスペックは、メモリーが8GB、ストレージが512GB SSD(M.2/NVMe)。価格は20万9800円。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月