このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第107回

ラリーとレースに出場したナンバー付きレース車両を街の中で乗った!

2021年04月25日 15時00分更新

文● 松永和浩 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今シーズン参戦中!
バリバリのトップクラスマシンなトヨタ86

 3月20~21日にツインリンクもてぎで開催された「TOYOTA GAZOO RACING 86/BRZ RACE」の開幕戦。86/BRZ RACEはSUPER GTでも活躍するようなトップレーサーが覇を争う国内でも有数のワンメイクレースです。

 しかしそのマシンをよく見ると、普通のレーシングカーにはないものがフロントとリアについています。そうナンバープレートです。

 86/BRZ RACEのマシンはなんとナンバー付き車両。公道で走れるという前提を持ったレーシングマシンなのです。今回はその86/BRZ RACEのマシンを「公道」で試乗できるという貴重な機会をGR Garage 東京 三鷹さんよりいただいたのでレポートします。

 紹介するのは86/BRZ RACEのプロクラスに出場する水谷大介選手のマシン。水谷選手はGR Garage 東京 三鷹で実際にクルマの販売をしている営業マンでありながら、ツインリンクもてぎの開幕戦では並みいる日本のトップクラスのドライバー32名との豪雨のレースを8位でポイント獲得するという成績を残しています。

 ちなみにこれがどれくらいすごいかというと、4月11日に岡山国際サーキットで開催されたSUPER GT開幕戦のGT500クラスで、SUPER GT史上に名を遺すであろうコンマ数秒のバトルを繰り広げながら2位となったau TOM'S GR Supraの坪井 翔選手よりも上位でチェッカーを受けているのです。

 そんな水谷選手のマシンをつぶさに観察していきましょう。

 86/BRZ RACEのマシンは専用グレード「86 Racing」のみがこのレースに出場できます。水谷選手のマシンはこの「86 Racing」の最新バージョンとなります。

 このグレードはロールバーも標準装備。牽引フックも標準装備品として付いてきます。ただし牽引フックなどは競技専用部品のため公道走行時は取り外さなくてはなりません。

 変更可能なのはタイヤ、ホイール、そしてシート。タイヤについてはサイズは205/55R16のワンサイズで出場クラスによって銘柄も指定されます。アマチュア対象のクラブマンクラスとプロクラスでそれぞれ3種類ずつの銘柄指定があり、その中からタイヤを選んでレースに臨みます。シートはシートレールまで含めて公道走行可能な保安基準に適合していることが必要となります。リクライニングできないフルバケットタイプのシートは運転席に限り装着が可能です。

 変更可能な場所以外はほぼ何もできないと解釈してもいいようです。そのためエンジンルームはまったくのノーマル。油脂類の入った容器に脱落防止のテーピングをしてあるところは競技車両っぽいと言えますが、ボンネットに貼られた遮音材も取り外しができません。取り外しや変更を徹底的に規制することでイコールコンディションを作り出しているのです。

 そんな86/BRZ RACE用のマシンを街中で乗ったらどうなのでしょう? ロールバーをまたいでフルバケットシートに収まる以外はいたってノーマルな佇まいのTOYOTA 86です。

 ひとたび公道に出ればやはりレース車両としてスポンサーロゴやカラーリングが施されている派手な外見は人目をひきます。でも違いはそれくらい?

 ロールバーが入っているために走行中の車体のねじれやゆがみがかなり抑制されていることから、むしろノーマルよりも乗り心地がいい! TWSの鍛造ホイールもかなり軽量なようでばねした重量が軽減されたせいでしょうか、サスペンションの動きもかなり軽やか。

 遮音材も内装のパーツも、そしてマフラーもノーマルのままなので静粛性はノーマルと同じ。レースで認定されているとはいえ車検も通る公道走行用のタイヤなのでネガティブ要素はロードノイズが多少大きいことくらい。

 仮にあなたが86/BRZ RACEに出場するとして、そのマシンでスーパーに買い物に行っても何の苦痛も感じることはないでしょう。むしろ、それだけハードルの低いクルマでプロドライバーが戦っている、と考えると86/BRZ RACEの面白さは計り知れません。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ