このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第650回

4月下旬発売とみられていたが:

アップル新型「iPad Pro」ミニLED不足が出荷に影響か

2021年04月13日 17時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが早ければ4月下旬にも発売するとうわさの新型の12.9インチiPad Proが、ミニLEDディスプレーの供給不足に直面している。米メディアBloombergが4月12日に報じた。

 同紙は匿名の関係者からの話として、ミニLEDディスプレーの歩留まりが悪く、その対処のためサプライヤーのうち最低でも1社が生産を停止しなければならなくなったと伝えている。

 これにより新型iPad Proの初期出荷量が不足するのではないかとみられている。

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中