このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第678回

量産は2021年後半から2022年前半まで延期とのこと:

アップル「ミニLED版MacBook Pro」発売延期か

2021年06月01日 08時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルはミニLEDディスプレーを搭載した14インチと16インチの新型MacBook Proの供給に問題を抱えているという。台湾メディアDigitimesが5月18日に報じた。

 同紙は業界筋の話として、このまま台湾で新型コロナウイルス感染者の急増が続いた場合、ミニLEDバックライト付きのMacBook Proシリーズの量産は2021年第4四半期か、2022年第1四半期に延期される可能性があると伝えている。

 つまり新型MacBook Proのお披露目は早くても、実際に手に入れられるのは遅くなるかもしれないということだ。

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中