このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 第684回

イチオシは100円の「一本釣りかつおの塩たたき」

スシロー「大九州展」開催中!「馬刺しにぎり」など今だけネタが盛りだくさん

2021年04月10日 11時30分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 寿司チェーン「スシロー」で九州フェアが4月7日から開催中です。その名も「大九州展」。九州産の海産物ネタや九州名物を盛り込んだネタが盛りだくさんで、九州に行けなくともお近くのスシローで九州気分をいくばくか味わえるかもしれません。

スシローで「大九州展」開催中 4月7日~

 九州といったら馬刺し。目玉のひとつは馬刺しにぎりの食べ比べです。

・「馬刺し食べ比べ」税込638円

(左から)とろ・赤身・ねぎとろ

 スシローの九州フェアは昨年に初めて開催して今回で3回目。開催数はまだ少ないですが、その中でも人気なのが馬刺しにぎり。好評だった「赤身」「ねぎとろ」のにぎりに加えて、今回は「とろ」が登場。とろ、赤身、ねぎとろを食べ比べできます。

見分けづらいですが、左がとろです。

 赤身もサシが入っていて見分けづらいですが、一番左から、とろ、赤身、ねぎとろです。

 とろと赤身にはおろしショウガがのっています。刻みネギは真ん中に添えられていて、どちらに合わせるかは好みで。

 ねぎとろは、“海苔巻かず”の仕様。ネタの部分に卵黄醤油がかかっています。

 まずは赤身から。

赤身

 ペタッとした舌に張り付くような身質。牛肉の赤身と鶏ささみを足したような(伝わりづらいですかね)筋肉感ある味わいは、酢飯の甘さとぴったり。

 お次にとろ。

とろは脂のりが違います!

 見た目では赤身との差があまりわかりませんでしたが、食べてみると全然違う。とろは脂のりがよく、牛肉の霜降りの部分にカツオを足したよう(これまた伝わりづらいですかね)。脂の旨みの余韻が長く続きます。

 ねぎとろは卵黄醤油のまろやかさもありつつ、後味はあっさりめ。まぐろのたたきのユッケのような印象です。

 食べておきたい「天然クエ」

・「天然クエ」税込330円

 普段あまりお目にかかることのない高級魚として知られているクエ。今回のフェアで登場するのは九州産。温暖な海流で育ったものを厳選したそうです。

 上品だけど脂のりがよく、口の中でほのかな甘みが広がります。身も厚くいい噛み応え。ポン酢ジュレの柑橘がクエの繊細なおいしさを引き立てます。なるほど、醤油だと味付けが強くなってしまうので、ポン酢がよい相性。

上品なおいしさ

 一貫330円とお高めだけど、納得できるおいしさです。

 九州、福岡というとごまさば。

・「漬けごまさば」税込165円

 九州産の天然真さばをスシローオリジナルの特製ごまだれに漬けこんで、漬けごまさばに仕立てたとのこと。

ゴマの風味と甘さが特徴

 たっぷりと脂がのった天然マサバの旨味をさらに引き出すために、オリジナルのすりごまを利かせた出汁醤油で漬けた創作寿司。

 福岡の郷土料理である「ごまさば」で使用するのはマサバ(さばの品種のひとつ「ゴマサバ」を使うわけではありません)。本来は調味液を和えるところ、スシローアレンジとして“漬け”にしています。

 ごまの香ばしさ、甘みで、青魚のクセが抑えられ、ふだんさばを食べない人もおいしくいただけるであろう一皿に。メリハリが欲しくなったらわさびを多めにつけるといいかもしれません。

・「一本釣りかつおの塩たたき」税込110円

 一本釣りした鮮度の良い天然かつおを使用。炭と桜島の溶岩で香ばしく仕上げたとのこと。派手さはありませんが、今回食べた中で一番感激したのはこれ。

100円(税別)というお手頃さで、感動がある一皿
スモーキーな皮目がたまらない!

 「一本釣り」のかつおを使用していいることで身質がよく、また、炭でたたいたことでスモーキーな香気が付き、さりげない一貫の中にもこだわりが詰まっています。

かつおのたたきというと土佐のイメージがありますが、実は鹿児島県発祥ともいわれているそうです。

 塩で味付けされているので醤油は付けずそのままいただけます。弾力があり旨みが濃い。ふだんのかつおの寿司とはあきらかに違います。ガーリックチップのカリカリした食感もよし。

 100円皿とお手頃なのに、とても満足できる。一品スシローとしても自信があるネタだそうですよ。ぜひ食べてみてください!

・「真たこ」(165円)

 真たこもいいですよ。

こんなに厚い!

 長崎の五島列島などで得獲れる天然の真たこを使用。しかも、その中でも足が太く、身が引き締まった真たこを厳選したそうです。店内で切りつけていて、たこ本来の旨味が楽しめます。

・「sushiサーモンマルゲリータ」(165円)

 新登場の「sushiサーモンマルゲリータ」は、スシローで人気のサーモンに、生産量日本一を誇る熊本県産のフレッシュトマトと、チーズをトッピングして炙りたという創作寿司。

チーズの内側にトマトが

 内側に、トマトが入っていて噛むとみずみずしい果肉があふれます。ニンニクがきいていて、イタリアンな感じ。まるでマルゲリータピザのよう。意外にアリな一体感ある一皿でした。

 大胆な揚げもの寿司も2品投入されています。

・「活〆穴子天ぷら」(税込330円)

店内揚げだからこそのサクッサク、フワッフワ食感。

 長崎県対馬で獲れた天然の真穴子を天和寧で揚げた天ぷらにぎり。エサが豊富な対馬の海で育った脂乗りのよい天然真穴子を厳選し、とれてすぐ活〆にしているので鮮度抜群だそう。

 シャリが天ぷらのおまけのよう。塩と卓上の粉末のお茶を合わせた「お茶塩」をつけて食べるといいですよ。

・「鮮度自慢のあじフライ」税込110円

 あじフライの寿司はスシローで今回初登場。長崎県産天然真あじを使用。刺身でも食べられる鮮度がよいものを厳選していて、注文が入ってから店内で揚げて仕上げるそう。

シャリがおまけのよう。

 ほのかな塩気があります。それでもやはり味が足りないので、醤油をつけて食べましたが、別売りのタルタルソースを追加注文するのがいいかも。

九州といったらやまやの明太子

 ほかにもやまやの明太子を使用した「やまや明太子高菜包み」(110円)や、鹿児島産のかんぱちを使用した「大切りかんぱち」(165円)、サイドメニューの「きびなご柚子こしょう天ぷら」(110円)など九州フェアならではのネタが盛りだくさん。


スシロー「大九州展」4/7~
・「一本釣りかつおの塩たたき」110円
・「やまや明太子高菜包み」110円
・「鮮度自慢のあじフライ」110円
・「芝えびの天ぷら手巻き」110円
・「真たこ」165円
・「真鯵」165円
・「sushiサーモンマルゲリータ」165円
・「大切りかんぱち」165円
・「漬けごまさば」165円
・「天然ひらめ」165円
・「天然クエ」330円
・「活〆穴子天ぷら」330円
・「九州産うなぎ」330円
・「馬刺し食べ比べ」638円
・「とりあん監修 大分唐揚げ」363円
・「とんこつラーメン」税込418円
・「きびなご柚子こしょう天ぷら」110円
・「シャリっとミルクセーキ」165円

・「ギュギュっと日向夏すぎるパフェ」330円

※記事中の価格は店内飲食(10%)税込表記。テイクアウトの場合税率が異なります。
※フェアメニューは数量限定、なくなり次第終了です。

■関連サイト


■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

 ご意見、要望、ネタ提供などはアスキーグルメ公式Twitterに
 →アスキーグルメ (@ascii_gourmet)

カテゴリートップへ

この連載の記事
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧