このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 第683回

店舗限定・数量限定で発売中

丸亀製麺の「神戸牛すき焼き丼」はだし茶漬けにして食べるとおいしい!

2021年04月07日 16時00分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 讃岐うどんチェーン「丸亀製麺」では、「神戸牛と大和芋のとろ玉うどん」「神戸牛すき焼き丼」を4月6日に販売開始。路面店を中心とした店舗限定です。

 世界的にも評価が高いブランド和牛「神戸牛」を使用した特別感あるメニューです。丸亀製麺では神戸牛を使用したメニューとして、`20年10月に「神戸牛づくし膳」を17時以降限定で販売。また今年の年明けうどんで「神戸牛と特大海老天うどん」を11日間の期間限定で販売しました。今回で3回目の神戸牛です。

 価格は「神戸牛と大和芋のとろ玉うどん」が並890円、大1000円。「神戸牛すき焼き丼」が並590円。数量限定でなくなり次第終了です。

「神戸牛と大和芋のとろ玉うどん」
大和芋の粘りが生きた力強い一杯

 ブランド和牛を使用したメニューがうどんチェーンで気軽に食べられるとは胸が躍ります。丸亀製麺の中では高価になりますが、外へ食べに行って1000円以下で神戸牛を食べられることはあまりないですよね。

 さっそく2品を食べてみました。

 「神戸牛と大和芋のとろ玉うどん」(並890円、大1000円)は、風味豊かな醤油ベースの濃いめのぶっかけうどんの上に、すき焼き風に味付けした神戸牛と、大和芋とろろ、温泉玉子をのせたうどんメニュー。

 丸亀製麺の神戸牛うどんは登場するたびにアレンジが異なります。とろろと合わせたのは今回が初めて。

「神戸牛」とは、兵庫県産“但馬牛”の中でもさらに厳選されたブランド和牛。こんなにのっている!

 神戸牛の茶、とろろの白の2色うどんの様相。色がとろろと似ていますが温泉玉子ものっています。三つ葉が彩りのアクセント。

 神戸牛はすき焼き風のタレで煮込まれています。

 醤油ベースの濃い色のおだし。神戸牛の脂が溶け出しています。

 とろろは、大和芋と山芋のブレンド。大和芋を加えることで通常のとろろより粘り気が強く風味も濃厚。

 いただいてみると、甘味のある神戸牛と粘りが強い大和芋のとろろが、重厚にねっとりと絡みあいます。年明けの「神戸牛と特大海老天うどん」は、神戸牛の脂の旨みを引き立てた上品な仕立てでしたが、今回は醤油の濃い味わいも重なり、ガツンと食欲が掻き立てる味わい。

 大和芋はねばり気が強く、いっきに持ち上げるのにはちょっと力がいりますよ。つるつるもちもちのうどんとも辛みがよいです。力がつきそうな一品。

「神戸牛すき焼き丼」並590円
ごはん×神戸牛の大正解な丼

 三温糖と料理つゆで甘辛くすき焼き風に仕立てたという「神戸牛すき焼き丼」(並590円)。丸亀製麺の神戸牛のメニューで丼は初めて。

 すき焼き風の丼ぶり。お肉の食べ方としては王道中の王道。丸亀製麺で「うどん」ではなく「丼」とはアリだけどいいのかな、という迷いもありましたが、食べてみると大正解。神戸牛のすき焼き丼、めちゃくちゃうまいです。

ごまの風味もいい具合です。

 甘辛く仕立てた神戸牛は、特有の甘味が引き出され、濃厚で上質感ある味わい。ご飯と一緒に食べると、そりゃもう、たまらないです。玉子を割るとさらにコクが増し、至上の味わい。

 うどん店ならではの食べ方としてはコチラ。

丸亀製麺では無料で「おだし」がもらえる

 丸亀製麺ではお願いするかけうどんのおだしがもらえます(だしサーバーがある店舗ならセルフで気兼ねなくもらえます)。

 ひつまぶしのように、だしに神戸牛とごはんを加えて茶漬けにすると、だしに神戸牛の脂や旨みが溶け出して、広がります。かっこんで食べると、神戸牛とご飯がさらりと胃に入ってきます。

 だしの旨みが鼻から抜けるーーー。わ~おいしい!

 無料のわさびを添えるとツーンとよいアクセントに。

 「神戸牛すき焼き丼」は並590円と手頃感ある価格でオススメ。だし茶漬けとして楽しめるのも丸亀製麺ならではなので、ぜひ試してみてほしいです。かけうどんのプラス一品として食べるのもアリですよ。

 神戸牛のメニューは店舗限定になります。お近くの店舗で扱いがあるかはコチラから確認できます。

 いずれもテイクアウトにも対応。テイクアウトの場合、容器代が別途30円かかります。

※記事中の価格は税込みです。

■関連サイト


■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

 ご意見、要望、ネタ提供などはアスキーグルメ公式Twitterに
 →アスキーグルメ (@ascii_gourmet)

カテゴリートップへ

この連載の記事
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧