このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

佐々木喜洋のポータブルオーディオトレンド 第56回

ロスレス配信を表明したSpotify、ではApple Musicの高音質化はあるのか?

2021年03月01日 13時00分更新

文● 佐々木喜洋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 音楽ストリーミングの雄として知られるSpotify。2月22日に開催したオンラインイベント「Stream On」の中で、「Spotify HiFi」と呼ばれる、高音質ストリーミングを開始することを明らかにした。

 Spotifyではこれまで、Premiumプランでも最大320kbpsの不可逆圧縮音源が最高音質だったが、Spotify HiFiはCD品質のロスレス音源をストリーミングするとしている。

国内でSpotify HiFiを利用できるかは未公開

 Spotify HiFiは、今年後半に限られた地域で開始されるということだが、日本がそれに含まれるかは定かではない。Premiumプランの利用者はSpotify HiFiにアップグレードできるとされているが、月額料金などの詳細も明らかになっていない。

 Spotify自身は、ニュースルームの中で「音質向上がユーザーからもっとも求められていた要求である」と述べている。また、Spotify Connect対応のスピーカーシステムを有名音響メーカーと共同で開発しているようだ。

 有名シンガーのビリー・アイリッシュとプロデューサーのフィニアス(ビリーの兄)が登場して、Spotify HiFiを語る動画も配信されている。この中でビリー・アイリッシュは「高音質サウンドとは高性能のオーディオ機器でなければ聞き取れないような音の情報を含んでいます。私たちはレコーディングされたように音楽を聴いて欲しいのです」と語っている。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン