このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所 第220回

競合プランは見直し必至:

ドコモ新料金 安くするため捨てたもの

2020年12月04日 15時00分更新

文● 山口健太 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ドコモの新料金「ahamo(アハモ)」はおおむね好評

 12月3日、NTTドコモが新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表しました。政府による値下げ要請への対応が注目される中、細かな条件を付けることなく「20GBで2980円」を実現しており、携帯料金としてはこれまでにないレベルで好評の声が広がっています。

■「額面通りに受け取れる」料金プランが登場

 これまで携帯キャリアの料金プランは、各種割引を適用した金額を前面に出すのが通例でした。これに対してアハモの「20GBで月額2980円」は額面通り受け取れる表現となっており、5G対応、音声の5分かけ放題が込み、ドコモの既存プランからは無料で移行できるなど、良い意味で予想を裏切ってきました。

アハモの「20GBで月額2980円」を額面通り受け取れる

 海外データ通信に追加料金が不要という点も驚きです。これまでは「24時間で980円」など有料で、現地でSIMカードを買うべきか迷いがちでした。いまは難しい状況ですが、海外に行く機会ができたときはぜひ持ち出してみたいものです。

海外データ通信に別料金は不要。発表会後に訂正があり、海外では4Gと3Gが使えるとのこと。

 少し気になるのが「アハモはサブブランドなのか」という疑問です。ドコモはアハモを「新料金プラン」と位置付けており、2021年5月以降は実際にMNP不要で移行できるようになることから、「サブブランドではない」が答えになりそうです。

 ただ、サービスの建て付けを見ていくとサブブランド的な要素は随所に残っています。業界関係者の中でも「何らかの事情でサブブランドとしては打ち出せなくなったのではないか」との印象を受けた人が多いようです。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン