このページの本文へ

下り最大4Gbpsを超える高速通信が可能なエリアを展開

ドコモとクアルコム、世界初のsub6周波数帯による5Gキャリアアグリゲーションを日本国内で提供開始

2020年12月07日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモとQualcomm Technologies(以下、クアルコム)は12月7日、sub6と呼ばれる3.7GHz帯と4.5GHz帯の周波数を束ねるキャリアアグリゲーション(以下、sub6-CA)の提供を開始したと発表。世界初となるsub6-CAの提供により、5Gで日本国内最速の下り最大4.2Gbpsの高速通信を実現するとしている。

 sub6-CAは、3.7GHz帯と4.5GHz帯の周波数帯で、それぞれ100MHzの帯域幅を束ねることで5Gの高速通信を可能にするもの。クアルコムの「Snapdragon 865」と「Snapdragon X55 5G モデム-RFシステム」を搭載する端末で利用できる。

 今後は、9月からNTTドコモでサービスを開始した28GHz帯にくわえて、sub6-CAを活用しながら下り最大4Gbpsを超える高速通信が可能なエリアを展開していくとのこと。

 sub6-CA対応機種は以下のとおり。ソフトウェアアップデートにより受信時最大4.2Gbpsに対応予定だが、一部エリア限定での提供となる。

 ・Xperia 5 II SO-52A
 ・Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A(12月対応予定)
 ・Wi-Fi STATION SH-52A(2020年度冬以降対応予定)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン