このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

miniも登場! iPhone 12、ASCII徹底大特集 第51回

AirPodsに匹敵する使いやすさ!「HomePod mini」でスピーカーリスニングを楽しもう

2020年11月12日 23時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Siriを搭載するアップルのスマートスピーカー「HomePod mini」

 アップルが11月16日に発売する「HomePod mini」の先行レビューをお届けする。人気のワイヤレスイヤホン「AirPods」シリーズに匹敵する使いやすさと高音質を実現したSiri搭載スマートスピーカーだ。

 アメリカでは2018年2月に、そして日本では2019年8月に発売されたアップル初のSiri搭載スマートスピーカー「HomePod」のコンパクトモデルが登場する。サイズはグンと小さくなり、価格も1万800円(税別)と驚くほど手頃になった。かたやアップルによる最先端のオーディオテクノロジーを搭載するHomePod miniによる音楽体験は、むしろHomePodよりもスケールアップしたように感じられるほど大胆に進化している。

 新しいHomePod miniについて筆者が特に注目した4つのポイントがある。

スピーカー然としていない洗練されたデザイン

 まずはスピーカー再生を楽しく、より身近なものに感じさせてくれるスタイリッシュなデザインだ。

 片手で軽々と持てるコンパクトなスマートスピーカーは、高さが約84.3mm、全体の横幅が約97.9mm。重さは345g。球体の上下を平らにカットしたような形だ。

左側のHomePodより、サイズが断然“ミニ”になった

片手で軽々と持てる質量は345g

 外装は継ぎ目のないメッシュ素材で覆われているため、見た目はすぐに本機の正体がスマートスピーカーであることがわからないかもしれない。カラーバリエーションにはホワイトとスペースグレイの2色を揃えるが、どちらもスタイリッシュなオブジェのようにさりげなく部屋のインテリアに馴染むと思う。

電源ケーブルは本体固定式。壁コンセントから少し離れた所に設置する場合は別売の延長ケーブルも活用したい

 電源はスピーカー本体に固定されているケーブルを、パッケージに同梱される20WのUSB電源アダプターに接続して給電する。ケーブルの長さが約1.5mほどあるが、壁コンセントから少し離れた場所にスピーカーを置きたい場合は延長ケーブルを用意しよう。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中