このページの本文へ

miniも登場! iPhone 12、ASCII徹底大特集 第51回

AirPodsに匹敵する使いやすさ!「HomePod mini」でスピーカーリスニングを楽しもう

2020年11月12日 23時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhoneを近づけるとAirPodsシリーズのようにオートセットアップのアニメーションが起動する

iPhoneで簡単セットアップ。Siriによる楽曲再生がとても快適

 2つめに注目したポイントは設定・操作がとても簡単だったことだ。

 スピーカーの初期セットアップにはiPhone/iPad/iPod touchのいずれかを使う。デバイスの電源とWi-Fi、Bluetoothをオンにしてから、OS標準の「ホーム」「ミュージック」アプリがインストールされていることを確認してHomePod miniに近づける。するとすぐにiPhoneなどデバイスの画面にHomePod miniの設定ガイダンスのアニメーションが表れる。

HomePod miniの天面をiPhoneのカメラでスキャニングすると、ユーザーのApple IDとセキュアにペアリングされる

 あとは設定ガイドの指示に従ってセットアップを進めるだけで、すぐにHomePod miniで音楽を聴くための準備が整う。ワイヤレスイヤホンの「AirPods」シリーズを使っている方は、セットアップの方法がとてもよく似ているのでさらに親しみがわくだろう。

 セットアップの完了後、「Hey Siri」とウェイクワードを話しかけると天面のLEDが7色に光る。Apple Musicのユーザーならば、例えば「石川ひとみの“まちぶせ”を再生して」とSiriに伝えると該当するタイトルがヒットしてすぐに再生が始まる。Siriのレスポンスはとても速いし、楽曲検索の精度も高いと感じた。

「Hey Siri」と呼びかけると天面のLEDが七色に光る

 HomePod miniの天面はタッチセンサーリモコンになっている。ボリュームのアップダウン、楽曲の一時停止や楽曲送りがタップ操作でできるほか、長押しするとSiriが起動する。スピーカーに向かって「Hey Siri」と呼びかけるのが苦手という方はタッチ操作も併用したい。

天面はタッチセンサーリモコンになっている。手元近くに置けば音声操作をしなくてもSiriが起動できたり何かと便利だ

 本稿を書いている2020年11月上旬現在は、Siriによる音声操作に対応している音楽配信サービスはApple Musicだけだが、現在Amazon Musicなどが対応に向けて準備を進めている。遠くないタイミングで使えるようになることを期待したい。

 iOS版のAmazon Music、SpotifyにYouTube Musicなどメジャーどころの音楽配信サービスアプリも、AirPlayを使えばHomePod miniで聴ける。

SpotifyもiOSアプリならAirPlay経由でHomePodシリーズにストリーミングして音楽が聴ける

 HomePod miniには、Bluetoothオーディオや3.5mmアナログオーディオジャックによる有線接続を使って、外部オーディオプレーヤーにつなぐ機能がない。そのため現状ではAirPlayに対応するデバイスのユーザーが最も恩恵を受けるスマートスピーカーだが、メインとして使っている音楽配信サービスはApple Musicでなくてもいいし、音楽配信サービスの利用がなくてもCDをリッピングしたデータをiPhoneに保存して楽しむこともできる。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中