このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アップル入魂ヘッドホン「AirPods Max」3つのポイントに注目

2020年12月09日 08時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

5色のカラバリも誕生したアップル初のアクティブ・ノイズキャンセリング機能を搭載するワイヤレスヘッドホン「AirPods Max」

 アップルがウワサのアクティブ・ノイズキャンセリング&ヒアスルー機能を搭載するハイエンドヘッドホン「AirPods Max」を発表しました。名前に驚きましたね、Maxとは。“ワイヤレスイヤホンのAirPodsの大きいの”ではありません。アラウンドイヤースタイルのBluetoothワイヤレスヘッドホンです。

ヘッドホンもコンピュテーショナルオーディオの世界へようこそ

 アップルが独自に設計した40mm口径のダイナミック型ドライバーを2基のApple H1チップにより緻密に駆動制御しながら、歪みのないパワフルなサウンドを再現するそうです。アップルが誇る「コンピュテーショナルオーディオ」がヘッドホンサウンドにも革命をもたらすことになるのでしょうか。とても楽しみです。

アップルが独自に設計した40mm口径のダイナミック型ドライバーを搭載しました

 本機の“アップルらしさ”はワイヤレスイヤホンのAirPodsと同じく、iPhoneやiPad、iPod touchとワンタッチでペアリングができたり、自動切り替えやオーディオ共有など最近のアップルのOSに追加された便利機能は軒並みサポートするところ。搭載するAIアシスタントはもちろんSiriです。

 iOS 14/iPadOS 14を搭載するiPhone/iPadとペアリングして、対応するビデオコンテンツを再生した時にDolby Atmosや7.1chまでのサラウンド音声が聴けたり、頭の動きを捉えるダイナミックヘッドトラッキングにもAirPods Proに引き続き対応しました。アラウンドイヤースタイルのAirPods Maxなら、分厚いサウンドに包み込まれるような圧倒的な没入感が味わえそうです。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中