• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

魔法などは一切不要。肉弾戦オンリーで敵をなぎ倒せ!

名作RPG『ヘラクレスの栄光(コンシューマー版)』が「プロジェクトEGG」でリリース!

2020年10月20日 17時10分更新

文● ASCII

 D4エンタープライズは10月20日、同社が運営するレトロゲーム配信サービス「プロジェクトEGG」にて、ファミコンの名作RPG『ヘラクレスの栄光(コンシューマー版)』をリリースした。価格は330円(キャンペーン終了後は550円で提供)。

以下、リリースを引用

古のギリシアを舞台に
勇者ヘラクレスの冒険を描いたRPG

 ―――古のギリシア。太陽は輝き、色とりどりの花が咲き乱れる暖かな地に、人々は歌い、語らい、幸福な暮らしを送っていた。神々は天界に住まい、地上の人々に平和な日々を与えるために、大神ゼウスのもとに集まり、世界を治めていた。

 しかし、安息の日々もやがて破られることになる。地上には美しいものを、人々には澄んだ心を与えていた美の女神ヴィーナスが、何者かにさらわれてしまったのだ。

 平和な日々はついえ、世界に闇がおとずれる。地上にあふれていた光は消え去り、すべての美しいものは、そのかげをひそめた。人々は不安にさいなまれ、彼らの心はすさみはじめていった。

 一方、神々は世界中を駆けめぐり、女神ヴィーナスをさがしつづけた。

 やがて、ヴィーナスは「地獄の魔王ハデス」にさらわれ、「黄泉の国」で囚われの身となっていることがわかる。大神ゼウスは一人の男を呼び寄せ、彼に告げた。

 「ヴィーナスは黄泉の国へ連れ去られた。魔法ハデスを倒し、女神を救い出すのだ」。

 その命令により、男は天上のオリュンポス神殿より、ギリシアの地に降り立った。

 男の名はヘラクレス。ヘラクレスは知恵と勇気にあふれ、その名は広く世界に知れ渡った強者だ。しかし、彼の行く手に待ち受けるものは、魔物、怪物、妖怪たち。立ちはだかる困難を乗り越え、勇者ヘラクレスの旅が始まる……。

 本作は1987年にリリースされたロールプレイングゲーム。プレイヤーは英雄ヘラクレスとなって、ハデスにさらわれたヴィーナスを救い出す冒険に出発します。

 ゲームはトップビューのフィールドやダンジョンを探索します。冒険の舞台はギリシアとなっており、アテネ、ペルラ、セレネなどの6つの町があります。さらにはゲームが進むことで天界や地獄などの冒険も……。

 戦闘はランダムエンカウントのコマンド選択方式を採用しており、直感体なプレイが可能。主人公のヘラクレスは、武器、盾、鎧と、アイテムを駆使して戦うことになります。

 なお本作では武器や防具に耐久度があり、次第に耐久度が下がる仕組みになっています。耐久度がゼロになると壊れてしまうので、コンスタントに鍛冶屋に通ってメンテナンスしてもらいましょう。ほかにも戦闘では、通常のモンスターのほか、部下を従える12種類のボスモンスターなどが出現することもあり、手に汗握る緊張のバトルが楽しめます。

 ギリシャを舞台とした王道的なRPGとして知られる本作。主人公が戦士ということで魔法などはありませんが、ある意味、戦士としての“ど直球な冒険”が楽しめる作品に仕上がっています。一部、意地悪な仕掛けなどもありますが、そうした程よい手ごたえなども含めて、楽しめる秀作といっても過言ではありません。

EGGチャンネルにて紹介動画公開中!

【ゲーム情報】

タイトル:ヘラクレスの栄光(コンシューマー版)
ジャンル: ロールプレイングゲーム
メーカー:パオン・ディーピー
プラットフォーム:PC
配信日:配信中(2020年10月20日)
価格:330円
※キャンペーン終了後は550円での配信となります。

   
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう