• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

システムソフトの名作SLG『大戦略』シリーズ第3弾のパワーアップ版!

より遊びやすくなった『大戦略III’90(PC-9801版・Windows10対応版)』が「プロジェクトEGG」でリリース!

2020年10月27日 17時00分更新

文● ASCII

 D4エンタープライズは10月27日、同社が運営するレトロゲーム配信サービス「プロジェクトEGG」にて、新規コンテンツ『大戦略III’90(PC-9801版・Windows10対応版)』のリリースを開始した。価格は、440円(キャンペーン終了後は770円で提供)。

以下、リリースを引用

処理速度や思考ルーチンを改善、
さらにコマンドの簡略化を盛り込み、より遊びやすく!

 本作は1990年にリリースされたシミュレーションゲーム。1989年にリリースされた『大戦略III』の強化バージョンとなっており、前作のよいところを踏襲しつつ、さまざまな改良を加えたバージョンとなっています。

 プレイヤーはマップ(10種)、参戦数(2~4)、生産タイプ(12種)、同盟の有無などを選んでゲームをスタート。兵器の生産や編成、前線の構築、都市などの占領などを経て、敵首都を陥落させると勝利となります。

 

 ゲームの進行は1ターンを100分割したセミリアルタイム。刻々と変化する戦場が堪能できます。また兵器ごとに高度が設定されており、高度があっていれば異なる兵器で部隊編成も可能。ほかにも間接射撃のユニットや索敵の要素などもあり、現代兵器による戦略の妙が楽しめる内容になっています。

 ちなみに、前作までは「海中」「地海」「低空」「高空」ごとに1部隊、最大4部隊までと制限されていたものが、'90では高度問わず最大4スタックまでと制限が緩和され、戦場での交通渋滞(?)が起こりにくくなっていたり、プログラムの全面的な見直しなどによって、ゲームそのものの高速化や思考ルーチンなどの強化が盛り込まれている点も特筆すべき強化内容と言えるでしょう。

 大戦略シリーズの中でも人気の『III』をさらに遊びやすく改良した本作。セミリアルタイムの導入はもちろん、間接攻撃、索敵、部隊編成など、現代兵器をテーマとしたシミュレーションゲームが好きな人であれば、ぜひプレイしていただきたい秀作です。

EGGチャンネルにて紹介動画公開中!

【ゲーム情報】

タイトル:大戦略III’90(PC-9801版・Windows10対応版)
ジャンル: シミュレーション
メーカー:システムソフト
プラットフォーム:PC
配信日:配信中(2020年10月27日)
価格:440円
※キャンペーン終了後は770円での配信となります。

   
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう