このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第50回

内装重視のクルマ好き女子、日産キックスの広い車内に満足も寝転ぶのは不満アリ

2020年10月17日 12時00分更新

文● 矢田部明子 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

リラックスできる車内空間
頭上に余裕があるので身長が高い人も安心

 続きましては、内装を見ていきましょう。車種にもよりますが……、私は外装よりも内装の方を注目して見ます。運転しているときに、車内がリラックスできる空間であってほしいからです。ということで、過ごしやすさやデザインなどをチェックしていきましょう! キックスの内装は、ブラックとオレンジで統一されています。

オレンジが車内を明るくさせて、ブラックがモダンな印象を与えてくれます。シートは合皮で、肌なじみがよく気持ちいいです

鍵にまでオレンジが

エアコン送風口は、丸い&ピアノブラックがあしらわれていて、キックスの内装デザインにピッタリです

 実際に座ってみると、かなり広く感じます。アイポイントが高いので車体の隅まで見渡すことができ、運転しやすかったです。頭上のスペースは、身長158cmの私が座って拳4つ分くらい入ります。身長の高い男性が座っても圧迫感を感じることはないでしょう。

 後席に座ってみました。頭上は広くて◎。足元に関しては狭くはないのですが、身長の高い男性は狭いと感じるかもしれません。お気に入りポイントは、シートが凸凹せずフラットになっているので寝転びやすい所です。USB端子もついていて利便性もGoodです。

お約束の寝そべり!
後席がフラットにならないのが気になる

 それではここで、矢田部恒例行事の「寝そべってみましたキックス編」。ラゲッジルームは、私が寝転ぶとこんな感じです。

足は少し曲げるものの、余裕をもって寝転べます。子供ならもう1人入りそう

後席を倒すとこんな感じです。かなり広いのですが後席がスライドできないため、フラットにならず凸凹になっているのが気になりました

ちなみに、ラゲッジルーム入口にも段差がありました。気になる方もいるかもしれません

 試乗して驚いたのは、とにかく静かなことです。「キュイイイーン」という、ロボットが動くときにしそうな独特の音がするのみ。道の凸凹を走ると、突き上げ感はなくストンと越えていく感覚です。最小最低半径が5.1mなので、取り回しもかなりラクです。

【まとめ】キックスは街乗り&遠出
たまにキャンプという方にオススメ

 スタイリッシュでスポーティーなデザインは、街や高速道路を走っていてもしっくりきます。安全装備や運転の疲れを軽減する機能も付いているので、運転が苦手なママにオススメです。 

 キックス試乗記はYouTube「矢田部明子のガレージライフ」でも公開していますので、よろしければご覧ください。

■関連サイト

筆者紹介:矢田部明子

 中学生の頃、クルマのメカニズムに興味を持ち工業高等専門学校に入学。専門的な知識を学んできました。もちろん、クルマに乗るのも大好きで「ランドクルーザー60→ランドクルーザー76」と乗りついでいます。最近の唯一の癒しは、週末にオフロードに出かけることです!

 クルマのメンテナンスなど工業高等専門学校で学んだ知識と経験を活かして、様々な角度からお役立ち情報をお届けしていきたいと思います。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ