• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

甲殻類の頂点を目指せ!

神ゲーならぬ"カニゲー"?! カニ同士が熾烈な闘いを繰り広げる「カニノケンカ」は旨味たっぷりの3D格闘ゲーム

2020年08月14日 16時00分更新

文● 市川 編集● ASCII

カニの武芸を堪能できる多彩なゲームモード

7種類のシナリオを用意した「キャンペーン」モード。シナリオのタイトルがカニに関連したものばかりで笑える

オンライン・オフラインでほかのプレイヤーと対戦できる「バーサス」モード

 カニノケンカには、7種類のシナリオを用意した「キャンペーン」モードと、オンライン・オフラインで対戦できる「バーサス」モードが実装。基本操作を習得できるチュートリアルもあるので、誰でも気軽に楽しめるようになっている。

海辺や都市、舞踏会などユニークなステージが登場

通常の敵を倒し、最終ステージに到達するとボス戦がスタート

 とくに気に入ったのはキャンペーンモード。シナリオのタイトルはカニ絡みで、なかには座布団をあげたくなるような上手いタイトルもあった。海辺に加え、怪獣映画さながらの都市、舞踏会場、中華料理店の卓上など、笑いのツボを刺激するステージを多数用意してある。通常の敵を倒せば1つのステージをクリアでき、最終ステージに到達するとボス戦が始まる。このボスを倒せば1つのシナリオはクリアといった流れだ。

敵を倒すと、報酬として「ファイトマネー」がもらえる。スキル強化と装備の売買が可能だ。RPGの要素もあるとは意外

 敵に勝利すると、操作するカニのスキル強化や装備の売買ができる「ファイトマネー」がもらえる。RPGの要素があるのは意外だったが、ステージをクリアするにつれて敵の難易度も上昇することを考えると必要不可欠といえる。また、1つのシナリオをクリアすると、シナリオに登場した敵と連戦するWAVEモードにも挑戦できる。甲殻類最強を目指すのであれば、積極的に挑んでみるといいだろう。ある程度修練を積んだらバーサスに挑戦するのもアリだ。

甲殻類の頂点を目指せ!
カニが持つポテンシャルについて深く考えたくなる作品

カニが持つポテンシャル、隠された魅力について深く考えたくなる

 カニは旨味のある嗜好品であるというイメージが、我々のグルメ的思考に深く根付いている。カニ料理が食べたくなると、無意識にPUFFYの「渚にまつわるエトセトラ」が脳内再生されるぐらいだ(個人差あり)。私はカニを食べすぎるとお腹を壊してしまう人間だが、そうわかっていてもカニの旨味からはどうしても逃れられず、ついついカニ料理に手を出してしまう。我々人類は、ふとしたきっかけでカニ料理が食べたくなる魔力に取りつかれているのかもしれない。

 カニノケンカをプレイしていると、無性にカニを食べたくなる魔力に似た感情が芽生えてくる。最初は食すことしか頭になかったが、次第にカニが持つポテンシャルについて深く考えたくなった。本作にはカニの生態を研究したくなる魅力があると思う。

 格闘ゲームとしても十分面白いが、カニに興味を抱くきっかけも得られるため、カニノケンカをプレイする価値は極めて高い。甲殻類の頂点を目指したい人、カニが好きな人、斬新な格闘ゲームに触れてみたい人におススメしたい。

ゲーム情報

・タイトル カニノケンカ -Fight Crab-
 ・開発 Calappa Games
 ・販売 PLAYISM(Steam)
 ・ジャンル 3D格闘アクションゲーム
 ・プラットフォーム PC(Steam)

カニノケンカ 主なスペック
要件 最低 推奨
CPU Core i3 Core i5 or higher
グラフィックス GeForce GT 630 GeForce GTX 650
メモリー 4GB
DirectX Version 11
ストレージ 1GB 利用可能
OS Windows 8.1 or 10 Windows 10
この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう

この連載の記事