このページの本文へ

Windows情報局ななふぉ出張所 第202回

お金を包む文化圏:

メルペイに送金機能、他社との違いは「気持ち」

2020年07月17日 09時00分更新

文● 山口健太 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■「お金を包む」メッセージカードの存在

 PayPayやLINE Payなど、スマホ決済アプリの送金機能には「メッセージを添える」機能が用意されています。メルペイの新機能では、これをメッセージカードの形状にできるというわけです。

 カードのデザインは24種類で、季節に合わせた図柄も用意されています。最初は無難なデザインばかりですが、将来的にキャラクターとのコラボなど、選択肢の広がりを感じさせる機能といえます。

さまざまなデザインのメッセージカードを選べる

 たしかに、メッセージカードを添えてもお金の価値が変わるわけではありません。しかし日本には、裸の現金を渡すのではなく封筒やのし袋で「お金を包む」文化があります。メッセージカードによる送金は、こうした文化を下敷きにしている印象です。

メッセージカードを添えて「お金を包む」ことができる

 また、メルカリで思い出の品を処分した場合の売上金など、お金自体に特別な気持ちがこもっている場合もあるでしょう。それを家族や友人に送るときには、割り勘や立て替えといった事務的な送金とは異なる体験があって然るべきといえます。

 実際の送金時にはアプリからURLを発行し、LINEなどでURLを伝えることができます。プライバシーへの配慮としてメルカリのIDとは切り離されており、送金した相手に自分の出品物などを見られる心配はないようです。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン