このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所 第193回

小型は市場で少数派:

新iPhone SEの画面が大きくなったワケ

2020年04月17日 09時00分更新

文● 山口健太 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

第2世代iPhone SEがついに登場

 4月15日、アップルが待望の第2世代「iPhone SE」を発表しました。4.7インチ画面のiPhone 8をベースに、CPUやカメラを最新化した「格安」モデルとなっています。

 ただ、第1世代のiPhone SEは4インチの小型画面で知られていました。なぜ第2世代では画面が大きくなってしまったのでしょうか。

■小型スマホの代名詞になったiPhone SE

 第1世代iPhone SEの特徴として、2012年の「iPhone 5」から続く4インチの画面を思い浮かべる人は多いでしょう。

 iPhone SEが登場した背景として、「小型スマホ」として設計されたというよりも、ボディを流用しながら中身を最新化した、ある種の寄せ集め感がありました。一度きりの特別なSpecial Edition(SE)だったわけです。

mineoが販売していた第1世代の「iPhone SE」

 ただ、アップルの事情はどうあれ、ユーザーから見たiPhone SEは最後の4インチiPhoneです。しかも単に画面が小さいだけでなく、本体形状は角が立っており、手でしっかり握りやすい、落としにくいという特徴もありました。

 第2世代iPhone SEの本体形状はiPhone 8から変わっていないようです。画面が4.7インチに大型化した上に、本体は丸みを帯びた形状になったことで、「これじゃない」感が増したといえます。

 ちなみに今回、アップルは「第2世代のiPhone SE」という表現を用いています。4.7インチという画面サイズはこれが最後かもしれませんが、今後もiPhone SEをスタンダードな製品ラインとしてモデルチェンジしていく可能性を示唆しています。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン