このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所 第185回

キャッシュレスの次はこれだ:

マック席から注文できる「モバイルオーダー」に注目

2020年02月10日 09時00分更新

文● 山口健太 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本マクドナルドが、スマホアプリを用いた「モバイルオーダー」を未来型の店舗体験の1つとして1月28日から全国に展開しています。

 実際にモバイルオーダーを体験してみると、レジに並ぶことなく商品の受け取りができるなど、待ち時間を大きく短縮できました。今後、国内で普及が期待される仕組みです。

■日本でもアプリを使ったモバイルオーダーが開始

 モバイルオーダーでは、店舗に行く前にスマホアプリで注文と決済を済ませておくことで、レジでの注文や決済、調理などにかかる待ち時間を減らすことができます。

 日本のマクドナルドは一部の店舗で先行導入していましたが、現在は総店舗数2900店のうち2700店に展開されています。従来のマクドナルドアプリとは別に、モバイルオーダー専用アプリを入れることですぐに使えるようになります。

 アプリには「ポテトLが190円」などのクーポンも組み込まれています。決済はクレジットカード以外に、iOS版ではLINE Payにも対応。店舗に到着すると注文はすでに通っており、あとは受け取りカウンターで番号を呼ばれるのを待つだけです。

 混雑する店舗ではつねにレジに行列ができており、急かされるように注文してしまいがちですが、モバイルオーダーならアプリを見ながらじっくり検討できます。知らないメニューや、お得な組み合わせを発見できるかもしれません。

 海外では言葉の壁もこえられます。米国版のマクドナルドアプリはApple Payに対応しており、日本のクレジットカードで決済できました。もちろんレジに並ぶ必要がないのもメリットです。

米国版のマクドナルドアプリ。日本とはちょっと違うクーポンも面白い

混雑した店舗でもレジに並ぶことなく注文できる(デンバー国際空港にて)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン