前へ 1 2 次へ

第2回 iPadやMacでポータブルSSD使ってみた

外付けSSD「T7 Touch」は従来比2倍の圧倒的スピード!

文●林 佑樹(@necamax) 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CES 2020において、SamsungはポータブルSSD「T7 Touch」を発表した。国内でのリリースは1月22日となる。写真にしろ動画にしろ、出先で取り扱うデータ量は増加の一途であり、転送性能が高く堅牢なポータブルストレージは求められている。

 またゲーミングノートPCで見ると、内蔵ストレージが少ないケースが多く、ゲームクライアントのインストール先としても足場を固めつつある状況だ。今回はその「T7 Touch」の性能を確かめてみよう。

SamsungのポータブルSSD「T7 Touch」

 T7 Touchは、85×57×8mm、58gとポータブルSSDらしいコンパクト軽量となっている。筐体はメタルで、最大2mからの落下に耐える堅牢性が確認済みであり、また3年の限定保証もアリ。机の上から落下や踏んでしまうなど、現場でよくある出来事からすると、安心につながる部分といえる。

外観。側面にType-Cポートがあるのみだ

背面には製品名があるくらい

 形状を見ていくと、ほぼ名刺サイズで側面は丸みを帯びている。サイズはもっと小さくできたハズだが、そこそこの存在感がないと紛失しやすくなるため、管理と携行性のバランスでの判断なのだろう。

 実際に持ち運んでみると、邪魔にならないサイズであり、カバンの中でも発見しやすい。またStorage1、2、3……とラベルを貼って識別するにもほどよいサイズだ。カラバリはブラックとシルバー。容量は500GB/1TB/2TBとなっている。

2種類のケーブルが付属する。この付属ケーブルの使用が推奨されている

 天板部に四角形の領域がある。これは指紋センサーおよびモーションLEDだ。指紋センサーは、Samsung Portable SSD Software 1.0から登録した指紋でのみロックが解除可能になるもので、最大4つの指紋を登録できる。落とした場合の対策だけでなく、作業メンバーの指紋を登録しておくことで、頻繁なデータ移動でもセキュリティレベルをキープできる形だ。

モーションLEDは写真のような全点灯のほか、アクセス中には回転するようなエフェクトになるため、状況把握をしやすい

 またSamsung Portable SSD Software 1.0を見ると、指紋のほか、セキュリティモードオフ、パスワードによるセキュリティーにも対応と使用先環境に組み込みやすくなっている。なお同アプリケーション経由でT7 Touchのファームウェアアップデートもできる。

Samsung Portable SSD Software 1.0。極めてシンプルな仕様だ

指紋登録はスマホと同じノリで進んでいくので手間取ることはないだろう

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月