前へ 1 2 次へ

第7回 iPadやMacでポータブルSSD使ってみた

Portable SSD T7 Touchなら指紋認証でセキュリティーも◎

第4世代iPad Airの動画編集作業におけるストレージ不足を外付けSSDで解決!

文●中山智 編集●ジサトライッペイ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デザインを刷新した新しいiPad Air(第4世代/256GB/Wi-Fi版)を購入した。自分はYouTubeへ動画を投稿しているが、iPad Airを使って動画編集をしてみたところ、かなり快適に使えている。もともとタブレットはコンテンツビューアーとしてiPad Pro(9.7インチ)を使っていたが、今回iPad Airに搭載したプロセッサー「A14 Bionic」は動画編集にもバリバリ使え、かなりパワフルな印象だ。

 というわけで、動画編集マシンとしても重宝している第4世代iPad Airなのだが、困っている点もある。それはストレージの容量だ。現行のiPad Proは最大で1TBのモデルが用意されているものの、第4世代iPad Airはストレージ容量が64GBと256GBの2モデルしかない。もともと使っていたiPad Pro(9.7インチ)も256GBモデルだが、こちらは動画編集に使っていないにもかからわず、使用済み領域は162GB。普段使いでもこれぐらい占有してしまうのだから、動画編集にも活用するとなると、当然容量はすぐに足らなくなる。

iPad AirとAdobeの動画編集アプリ「Premiere Rush」の組み合わせで動画を編集している

 動画の撮影データは1ファイルで1GBや2GBはざらで、4K/60fpsといった高画質で撮ろうものなら、さらに大きくなる。そうなると256GBの容量はすぐにいっぱいになってしまいそう。せめて外付けストレージを使って、必要な動画データを出し入れしながら作業ができればと思って手にしてみたのが、Samsungの「Portable SSD T7 Touch」だ。

最大256GBしかないiPad Airの欠点を補う1TBの外付けSSD

 Portable SSD T7 Touchは名刺サイズの約85(W)×57(H)×8(D)mmで、重量は約58gのコンパクトさながら、最大2TBのモデルまで用意されている。今回テストで使用したのは1TBモデルで、価格は2万6000円前後。iPad Airには256GBモデルしか用意されていないが、iPad Proだと256GBモデルと1TBモデルの差額が4万4000円なので、コストパフォーマンス的にはかなりオトクだ。

Samsungの外付けSSD「Portable SSD T7 Touch」

ブラックモデルも用意されている

Samsung Portable SSD T7 Touchの主要スペック
型番 MU-PC2T0 MU-PC1T0 MU-PC500
容量 2TB 1TB 500GB
インターフェース USB 3.2 Gen.2(10Gbps)
サイズ 85(W)×57(H)×8(D)mm
重量 最大58g
シーケンシャルリード 最大1050MB/s
シーケンシャルライト 最大1000MB/s
UASP Mode サポートあり
暗号化 AES 256ビットハードウェア暗号化
セキュリティー パスワード設定、指紋認証
対応OS Windows 7以降、Mac OS X 10.10以降、Android Lollipop以降
保証期間 3年間
実売価格(税込み) 5万円前後 2万6000円前後 1万6000円前後

 さらに、Portable SSD T7 Touchは指紋認証センサーを使ったセキュリティー機能を備える点も見逃せない。残念ながらiOS・iPad OS向けのアプリは用意されていないため、指紋の登録などはiPad Airからは行なえないが、別途Windows PCやMacを持っていれば、そちらで登録は可能。いったん登録しておけば、iPad Air接続時にも問題なくセキュリティー解除できる。

iPad Airで使う前にWindows PCに接続し、専用ソフトから指紋認証の設定を行なった

 iPad Airとの接続は付属のType-C to Type-Cケーブルを使用。iPad AirはモデルチェンジでポートがUSB Type-Cになった。現在使用しているノートPCもUSB Type-Cなので、PCで使う場合も同じケーブルでOKなのがありがたい。充電などにも使えるので、持ち運ぶケーブルを減らせるのは嬉しい点だ。

付属ケーブルは2本で、Type-C to Type-A(左)とType-C to Type-C(右)

iPad Airと接続して、指紋認証センサーをタッチ

 ちなみに動画撮影にはDJIの「OSMO Pocket」を使っており、こちらもアダプターでiPad AirのUSB Type-Cポートに接続できる。残念ながらOSMO PocketとPortable SSD T7 Touchを直接つないでも使用はできなかったが、OSMO PocketからiPad Air、さらにiPad AirからとPortable SSD T7 Touchという移動は可能だ。

OSMO PocketのデータをいったんiPad Airに読み込む。その後、iPad AirからPortable SSD T7 Touchへコピーできる

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月