前へ 1 2 3 次へ

第5回 iPadやMacでポータブルSSD使ってみた

ストレージ容量不足を解消し、指紋認証でセキュリティーも万全!

iPad Proと外付けSSD「T7 Touch」でPDFの作業が捗りまくる

文●林佑樹(@necamax) 編集●ジサトライッペイ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 軽いトラブルに遭遇したが、2020年5月になってようやく筆者のもとにもau版のiPad Pro 11(2020)が届いた。ストレージ容量はその時に入手可能だった256GB。ほんの少し前までは十分な容量と言えたが、最近のコンテンツはなにかとファイルサイズが巨大だ。それもあって主だったデータはクラウドサービスにアップし、ローカルストレージは一次置き場とするつもりだったが、それでもデータ通信量や1ファイル2GBのデータなどを扱っていると色々と問題が出てくることに気付いた。

 そこで、サムスンの外付けSSDである「Portable SSD T7 Touch」を併用することにした。PDFやRAWデータなどの巨大なファイルのプールとして、また受け渡し用の外部ストレージとして活用したい。iPad Proだけでなく、Windows PCやMacとのデータやり取りに使えるし、指紋認証によるデータ保護も非公式な使い方ではあるがiPad Proでも有効だ

日本サムスンの外付けSSD「Portable SSD T7 Touch」(以下、T7 Touch)。1TBモデルの実売価格は3万円前後

 T7 Touchは名刺に近いサイズ感で約85(W)×57(H)×8(D)mm、重量は約58gと持ち運びやすい。筐体は金属部材となっており、同社によるテストでは最大2メートルの高さから落下しても耐えるほか、3年に及ぶ長期保証も特長だ。カラーバリエーションはシルバーとブラックの2種類で、ストレージ容量は500GB、1TB、2TBの3種類ラインアップする。

ブラックモデル

Samsung Portable SSD T7 Touchの主要スペック
型番 MU-PC2T0 MU-PC1T0 MU-PC500
容量 2TB 1TB 500GB
インターフェース USB 3.2 Gen.2(10Gbps)
サイズ 85(W)×57(H)×8(D)mm
重量 最大58g
シーケンシャルリード 最大1050MB/s
シーケンシャルライト 最大1000MB/s
UASP Mode サポートあり
暗号化 AES 256ビットハードウェア暗号化
セキュリティー パスワード設定、指紋認証
対応OS Windows 7以降、Mac OS X 10.10以降、Android Lollipop以降
保証期間 3年間
実売価格(税込み) 5万3000円前後 3万円前後 2万円前後

 なお、指紋認証機能を省いた廉価版である「Portble SSD T7」もあり、こちらは速度などは同等だが、2TBモデルが4万7000円前後、1TBモデルが2万5500円前後、500GBモデルが1万5000円前後と4500~6000円ほど安い。しかし、今回は、センシティヴなファイルが増えがちな筆者の環境を考慮し、指紋認証によるロックが可能なT7 Touchを選択した。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
05月
06月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月