前へ 1 2 3 次へ

第6回 iPadやMacでポータブルSSD使ってみた

USB 3.2 Gen 2のT7 TouchとThudnerbolt 3のX5をレビュー

Ice Lake搭載MacBook Airの容量不足を外付けSSDで解決、コスパと速さどちらで選ぶ?

文●ジサトライッペイ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2020年3月18日、IntelのモバイルノートPC向け第10世代Coreプロセッサー(開発コードネーム:Ice Lake)搭載MacBook Airが登場した。リモートワーク環境強化の一環でノートPCを刷新したい人の中には、この新型MacBook Airが最有力候補になっている人も少なくないだろう。しかし、MacBook Airは最安モデルでも11万5280円と決して安い買い物ではない。

 そして、どうせ購入するのなら最安仕様のデュアルコアのCore i3モデルよりもクアッドコアのCore i5モデルにしたいという人も多いだろう。しかしながら、Core i5にカスタムすると価格は12万6280円とさらに高価になる。とは言え、ストレージにおいてはデフォルトの256GB SSDから512GB SSDへカスタムするだけで13万7280円に上がるので、それと比べればかわいいものだろう。

 と言うわけで、本稿は最安仕様のMacBook Airを最低限のカスタムでCore i5にしたモデルを用意し、256GB SSDと貧弱なストレージ環境を外付けストレージで補おうというのが主旨である。いまどきのノートPCのストレージは高速なNVMe SSDであることは当たり前だが、例えばカスタムで1TBに大容量化すればMacBook Airの場合、+4万4000円もする。そこで、今回紹介したいのが日本サムスンの外付けSSD「Samsung Portable SSD T7 Touch」(以下、T7 Touch)だ。1TBモデルでも2万7000前後と、内蔵SSDのカスタムよりもお得だ。

 また、同社のThunderbolt 3接続対応外付けSSD「Samsung Portable SSD X5」(以下、X5)という選択肢もおもしろい。価格は1TBモデルで5万4500円前後と値は張るものの、公称速度はシーケンシャルリードで最大2800MB/s、シーケンシャルライトで最大2300MB/sと、最安MacBook Air内蔵SSDよりも高速な点がウリ。もちろん、USB 3.2 Gen 2接続のT7 Touch(最大1050MB/s)よりも速く、例えばより高速なSSDを搭載しているThunderbolt 3をサポートするPC間でデータの受け渡しをするなら、X5のほうがオススメだ。そして、MacBook AirはThunderbolt 3ポートを2ポートも備えているのでぜひ活用したいところでもある。

コストパフォーマンスで選ぶならT7 Touch

 まずはT7 Touchからスペックやラインアップを紹介しよう。

日本サムスンのUSB 3.2 Gen 2対応外付けSSD「Samsung Portable SSD T7 Touch」。カラーバリエーションはシルバーのほか、ブラックもラインアップ

Samsung Portable SSD T7 Touchの主要スペック
型番 MU-PC2T0 MU-PC1T0 MU-PC500
容量 2TB 1TB 500GB
インターフェース USB 3.2 Gen.2(10Gbps)
サイズ 85(W)×57(H)×8(D)mm
重量 最大58g
シーケンシャルリード 最大1050MB/s
シーケンシャルライト 最大1000MB/s
UASP Mode サポートあり
暗号化 AES 256ビットハードウェア暗号化
セキュリティー パスワード設定、指紋認証
対応OS Windows 7以降、Mac OS X 10.10以降、Android Lollipop以降
保証期間 3年間
実売価格(税込み) 5万3000円前後 2万7000円前後 1万8000円前後

 T7 Touchのセキュリティー機能は専用ソフトウェアによるパスワード設定のほか、指紋認証によるアンロックが可能だ。

指紋認証センサーを搭載

T7 Touchのパスワード設定や指紋登録は専用ソフトウェア「Portable SSD Software 1.0 for Mac」(Ver 1.7.2)で行なった。また、別途ドライバーのインストールが促されるのでそれも実行しよう

 USB Type-C to CケーブルとUSB Type-C to Aケーブルが付属し、USB Type-Cポートがあるデバイスなら、Windows PCやMac、Androidデバイスなど、幅広い機器で活用できる。また、編集部で試した限りではUSB Type-CポートのあるiPad Proでも使えた。非公式な使い方ではあるが、一旦Windows PCで指紋設定をすれば、iPad Proでもアンロックできた。詳しくは既出記事を参照してほしい。

USB Type-C to Cケーブル

USB Type-C to Aケーブル

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
05月
06月
07月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月