このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

最新パーツ性能チェック 第282回

外付けSSD「T7 Touch」は従来比2倍の圧倒的スピード!

2020年01月22日 00時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax) 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

従来製品の2倍の速さ

 カタログスペックを見ると、USB 3.2 Gen2接続及びUASPモード有効時において、読み出し最大1050MB/s、書き込み最大1000MB/sとある。国内で販売済みのポータブルSSDは読み出しで見ると500~560MB/sが多いため、約2倍の性能だ。

 実際にMSIのノートPC「Prestige 15」のUSB 3.2 Gen2ポートでテストしてみたところ、以下のような結果になった。使用アプリケーションは、CrystalDiskMark 7.0.0で、おおよそカタログスペック通りだ。

T7のCrystalDiskMark 7.0.0でのスコア

比較として前モデル「T5」のデータも掲載しておく

 CrystalDiskMark 7.0.0の結果を見ると、シーケンシャル性能の向上がわかりやすい。ランダムも向上しているが、シーケンシャルほど劇的ではない。とはいえランダムアクセスがこれだけ速いということは、出先でのデータバックアップやデータの受け渡しだけでなく、ゲームクライアントのインストール先としても十二分といえる。

 とくにゲーミングノートPCは内蔵ストレージが256~512GBであるのに対し、ゲームクライアントサイズが巨大になる一方であり、余裕をもったストレージ環境の構築にもほどよい。

ATTO Disk Benchmark 4.01.0f1の計測データ。こちらでもカタログスペックに近いスコアを確認できる

 さて、T7 Touchテスト中に撮影をしていたため、その際のデータの転送速度も計測してみた。1ファイルあたり約117MBのRAWデータ331枚、計37.6GBの転送時間はどれくらいだろうか。なお使用したノートPCはMSIの「Prestige 15」だ。

計測結果。3回実行しての平均タイムをグラフにした

 上記のように露骨なタイム差が出た。デジタルカメラの場合、1日中撮影しても100GBくらいが上限になりがちだが、連番4K/8K RAWで構成される動画データの場合は、ストレージを目一杯使用することはザラであるため、ファイルの転送速度はなによりも重要だろう。またコピー中の速度はT7 Touchは平均536MB/s、T5は平均195MB/sだった。

転送速度は申し分なし
4K/8Kコンテンツのデータ受け渡しに最適

 T7 TouchはNANDフラッシュメモリーにおいて、高いシェアを誇るSamsungの製品らしい仕上がりだ。ことデータ量が多く、かつデータの受け渡しが多い場合に重宝するだろう。

万が一盗まれたり紛失したりしても、指紋によるロック機能のおかげでデータの漏洩を防げるため、業務用としての利用価値が高い

 前述のように、ゲームクライアントのインストール先としてもアリな性能だ。また持ち運びの面でも、過度にコンパクトでないため、現場でほどよい存在感であるのはありがたかった。さらに指紋によるロック機能も、増えていくデータ量に対しては必要なものだろう。

 まずは業務用として注目を浴びそうだが、価格がこなれてきたタイミングで、普通に外付けストレージとして導入を検討してみよう。

【関連サイト】

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中