前へ 1 2 次へ

第4回 iPadやMacでポータブルSSD使ってみた

前モデル「T5」と比べて速度は最大1.8倍で初出価格は半額以下!

1TBで約2.5万円!最大転送速度1GB/s超の外付けSSD「T7」をレビュー

文●ジサトライッペイ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月上旬より販売がスタートしている日本サムスンの最新外付けSSD「Samsung Portable SSD T7」(以下、T7)。内部インターフェースが前モデル「Samsung Portable SSD T5」(以下、T5)のSATAからNVM Expressに進化しており、USB 3.2 Gen 2(10Gbps)を採用している。それに伴い、順次読み出し転送速度の公称値は最大1050MB/sとT5の約1.9倍になり、一般的な外付けHDDと比べると約9.5倍速いと謳っている。今回はそのT7の1TBモデルをレビューする。

Samsung Portable SSD T7。今回検証に使ったモデルは1TBモデルで、実売価格は2万5500円前後だ。カラーはインディゴブルーのほか、チタングレーとメタリックレッドをラインアップ

チタングレー

メタリックレッド

2TBモデルは4.7万円、1TBモデルは約2.5万円!

Samsung Portable SSD T7の主要スペック
型番 MU-PC2T0 MU-PC1T0 MU-PC500
容量 2TB 1TB 500GB
インターフェース USB 3.2 Gen 2(10Gbps)
サイズ 85(W)×57(H)×8(D)mm
重量 最大58g
シーケンシャルリード 最大1050MB/s
シーケンシャルライト 最大1000MB/s
UASP Mode サポートあり
暗号化 AES 256ビットハードウェア暗号化
セキュリティー パスワード設定
対応OS Windows 7以降、Mac OS X 10.10以降、Android Lollipop以降
保証期間 3年間
実売価格(税込み) 4万7000円前後 2万5500円前後 1万5000円前後

 3年前に発売したT5の初出価格と比べるとT7は大幅に安くなっており、1TBモデルでも税込み2万5500円前後と半額以下(T5の1TBモデルは6万4600円前後)になっている。また、2TBモデルも4万7000円前後と8万円以上もお手頃だ。外付けSSDの買い替えを検討しているユーザーには朗報だろう。また、公称値ではあるもののシーケンシャルリードで1050MB/sを謳う外付けSSDではGB単価もお得な部類だ。

 また、T7は2月に発売しているタッチセンサー付き外付けSSD「Samsung Portable SSD T7 Touch」(以下、T7 Touch)の廉価モデルだ。違いはタッチセンサーの有無と本体カラーのラインアップのみで、T7 Touchの価格は2TBモデルが5万3000円前後、1TBモデルが3万円前後と、T7のほうが購入を検討しやすい価格設定だ。T7にもパスワード設定機能はあり、セキュリティーに気を遣った運用ができる。ゆえに、できるだけ安く最新の高速な外付けSSDを手に入れたいユーザーにはT7がオススメだ。

本体側のインターフェースはUSB Type-C

USB Type-C to Cケーブル

USB Type-C to Aケーブル

 付属のケーブルはUSB Type-C to CとUSB Type-C to Aの2本。接続デバイスとしてはWindows PCやMac、Androidデバイスのほか、公称はしていないが一応Type-Cを採用したiPadにもつながることを編集部で確認している。iPad OSの「ファイル」アプリ経由で各種ファイルにアクセスできた。なお、余談ではあるがT7 Touchのタッチセンサーは一度PCで設定してしまえば、iPad Proでも指紋認証によるアンロックが可能だ。

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2020年
01月
03月
05月
06月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月