前へ 1 2 3 次へ

iPadやMacでポータブルSSD使ってみた 第3回

Samsungの指紋認証機能付き外付けSSD「T7 Touch」をレビュー

最安のiPad Proを1TBのType-C対応外付けSSDで賢く運用してみた

文●ジサトライッペイ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 近頃、新型コロナウイルス対策でリモートワークを推進している企業が増加しているが、筆者も他人事ではない。しかし、出版物を扱う仕事ゆえ、初校や再校の印刷、赤字を入れたそれらのPDF化にはどうしても会社の複合機を利用せざるを得ない場面が多い。しかし、少しでもその機会を減らすべく、修正の赤字はタブレットなどでPDFに直接書き込んでデジタル化していきたいと考え、iPad Proの購入を検討することにした。

 とは言え、iPad Proは最安モデル(11インチ、64GB、Wi-Fiモデル)でも、税込み9万8780円とそこそこお高め。1TBモデルになると16万5880円と最安の64GBモデルと比べれば6万7100円も高い。そこで目を付けたのがiPad ProのUSB Type-Cポートだ。これに対応した1TBの外付けSSDを別途購入すれば、グッと安くiPad Proの1TBモデルと同じように扱えるのではないかと思ったのだ。

1TBの外付けSSDで3万円以上お金を浮かす荒業

 外付けストレージはSamsungの指紋認証機能付き外付けSSD「T7 Touch」を選んだ。USB 3.2 Gen 2(最大10Gbps)に対応し、WindowsやMac OS、Androidに対応しているポータブルストレージだ。USB Type-Cで接続できるので、USB Type-CポートのあるiPad Proでも使えるのか試してみた。

 1TBモデルでも実売価格は3万3400円前後と、iPad Pro 11インチの1TBモデルを買う場合と比べ、3万3700円もお得な計算になる。内蔵ストレージと外付けストレージではできることが違うのでやや乱暴な解釈にはなるが、要は使い分けである。

Samsungの外付けSSD「T7 Touch」。1TBモデルの実売価格は3万3400円前後。ほか、500GBモデル(実売価格2万2000円前後)と2TBモデル(実売価格5万8900円前後)もある

カラーバリエーションは容量ごとにブラックのほか、シルバーもラインアップ

 サイズは85(W)×8(D)×57(H)mm、重量は58gと手のひらサイズで、転送速度(読み出し)は最大毎秒1050MBと高速なので、PCでもかなり運用しやすい製品だ。なお、指紋認証設定の方法などは既出のレビュー記事で詳しく紹介しているので、ぜひご一読いただきたい。というわけで、本稿ではiPad Proでの運用を中心に紹介しよう。

T7 Touchの指紋認証エリアはタッチ式。指紋登録時はここに登録したい指を置いて、様々な方向から触って認証精度を高める

接続ケーブルはUSB Type-C to Type-AとType-C to Type-Cが付属するので、幅広いデバイスで使える

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
2020年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
07月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
12月
2017年
06月
08月
09月
10月
2016年
02月
06月
09月
10月
11月
12月
2015年
11月
2014年
07月
12月
2013年
07月
12月
2012年
10月