このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

CES 2020レポート第4回

2月7日にThreadripper 3990Xを発売!AMD、CESにてRyzen 4000シリーズやRadeon RX 5600 XTも発表

2020年01月07日 15時20分更新

文● 本間 文 編集●ジサトラハッチ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDは、CES 2020において記者発表会を開催し、Zen2アーキテクチャーを採用し、7nmプロセスで製造されるモバイルAPUのAMD Ryzen 4000シリーズを正式発表、8コア/16スレッドのx86プロセッサーを超薄型ノートPCにもたらす。

 その第1弾製品となるRyzen 7 4800Uプロセッサーは、TDP15Wで8コア16スレッドを実現するとともに、512基のストリーミングプロセッサー(8 Radeonコア)を統合。ベースクロック1.8GHz、ブースト時最大4.2GHzを実現し、その搭載製品は今年第1四半期中にも市場投入されるとともに、2020年内に100以上のシステムを発売する予定だと言う。

AMDは、2020年ゲーマーとクリエイターにベストを提供すると宣言

まずは、ノートPCの体験にベストをもたらす

ベストなノートPC向けプロセッサーを実現するための要素として、Zen2アーキテクチャー、7nm製造プロセス、そして電力効率を挙げた

第3世代AMD Ryen 4000シリーズモバイルプロセッサーは、7nmプロセスで製造することにより、8コア/16スレッドのx86プロセッサーを超薄型ノートPCにもたらす

Ryzen 7 4800Uプロセッサーの概要

Ryzen 7 4800Uモバイルプロセッサーを披露するリサ・スー社長兼CEO

Ryzen 7 4800Uモバイルプロセッサー

Ryzen 4000Uシリーズプロセッサーは、2020年第1四半期に最初の製品が市場投入され、年内に100以上のシステムに採用される見通しだ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事