このページの本文へ

CES 2020レポート 第3回

XeアーキテクチャーのGPUを内蔵

その名はTiger Lake、IntelがノートPC向け最新CPUを発表:CES 2020

2020年01月07日 11時30分更新

文● ジサトライッペイ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 IntelはCES 2020の基調講演において、ノートPC向けの次期Coreプロセッサー(開発コードネーム:Tiger Lake)、XeアーキテクチャーベースのディスクリートGPU「DG1」などを発表した。

ノートPC向けの次期Coreプロセッサー(開発コードネーム:Tiger Lake)

 Tiger Lakeは10nm+プロセスのCPUコアを採用し、Intel XeグラフィックスアーキテクチャーベースのGPUを内蔵。従来世代と比較し、2桁のパフォーマンス向上を果たしているという。また、このTiger Lakeを採用したPCは今年中に出荷される予定だ。

Tiger Lakeを搭載したボードのサンプル

 会場ではTiger Lakeのパッケージと、それを搭載したボードのサンプルも披露された。従来比で4倍のスループットを実現するThunderbolt 4対応USBポートなどが確認できる。

折り畳み可能なOLEDディスプレイフォームファクター(開発コードネーム:Horseshoe Bend)

 また、Intelは新しいフォームファクターとして、継ぎ目のない2つの画面を折り畳める「Foldable」デザインのPCを披露。片側は12インチ程度だが、広げて使えば17インチほどの大きさで使える、新しいスタイルのモバイルPCとなる。

 この折り畳みPCはLakefieldを搭載したLenovoの最新モデル「ThinkPad X1 Fold」などが登場予定だ。もちろん、Tiger Lake世代のPCでも予定しており、開発コードネーム:Horseshoe Bendと呼ばれるサンプルを紹介した。

Lenovoの折り畳みPC「ThinkPad X1 Fold」

 その他、XeアーキテクチャーべースのディスクリートGPU、開発コードネーム:DG1についても触れた。Intelとして初のビデオカード向けGPUになる。詳細なスペックは語られなかったが、XeアーキテクチャーベースのGPUはTiger Lake内蔵GPUをはじめ、2020年以降のIntelを支える強力な武器になるのだろうか。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中