このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

CES 2020レポート 第23回

SONY VISION-S CONCEPTについて、担当者に話をきいた

CES発表のソニー電気自動車、超極秘に進めリーク防いだ

2020年01月09日 06時00分更新

文● 貝塚 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SONY VISION-S CONCEPT

ソニーの電気自動車「SONY VISION-S CONCEPT」とは

 米国ラスベガスで、現地時間1月10日まで、世界最大のエレクトロニクスショー「CES 2020」が開催されている。各社とも、この日に向けて大型の発表を用意しているが、今回、大きく話題になっているトピックのひとつが、ソニーの電気自動車のコンセプトモデル「SONY VISION-S CONCEPT」だろう。

ブース前に人がたくさんいて、遠くからではどこに置いてあるのかわからなかった

 発表時の内容は発表時のレポート記事に掲載しているが、「Safety Cocoon(セーフティーコクーン)」と名付けられたセンシング技術による安全性能を、33個の車載用CMOSイメージセンサーや、ToFセンサーなどを用いて実現している。

 各シートにスピーカーを内蔵し、ソニーの3D音響技術「360 Reality Audio」を採用。フロントシート前方に大型のスクリーンを配置し、車内でエンターテインメントコンテンツも存分に楽しめる仕様にしている。

デモカーの完成度は非常にハイレベル

 ソニーが各分野で築いた技術をふんだんに取り入れ、安全性とエンターテインメント性を両立した非常にソニーらしい電気自動車だ。展示されているデモカーも、非常に完成度が高かった。

 現地で担当者に話をきくことができたので、第一報ではお知らせできなかった細かなエピソードを紹介したい。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ