このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Wear OS by Googleを採用するアウトドア対応スマートウォッチ

カシオ初心拍センサー搭載スマートウォッチPRO TREK Smart「WSD-F21HR」を着けて走った

2020年01月05日 12時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PRO TREK Smartシリーズはアウトドアツールとしての機能も充実している。「ツール」アプリの中には方位磁針や高度・気圧計などが揃っており、Wear OSアプリから利用頻度の高い者を自由に選んで追加できる

ヘルスケア方向への進化にも期待

 アプリを追加しなくても、WSD-F21HR単体で完結する便利な使い方は、ほかにもある。例えば「ツール」アプリの中には方位磁針や高度・気圧計、日の出・日の入り、タイドグラフなど、アクティビティアプリと連携して使える便利なツールキットがある。

 さらにWear OSを搭載するスマートウォッチの多くは、AndroidスマホのGoogle Playミュージックアプリから音楽ファイルを内部メモリーに転送して、スタンドアロンでワイヤレスイヤホンなどにペアリングして音楽も聴ける。WSD-F21HRが内蔵する4GBのメモリーに、よく聞く音楽を転送しておけば、ジムなどで体を動かすときに、音楽プレーヤーとしてスマホを携えなくてもより身軽に音楽が聴ける。ウォッチによる音楽再生は一度慣れてしまうと、なかなかスマホに戻れなくなるものだ。

ウォッチの内蔵メモリーに音楽を保存。Bluetoothイヤホンをペアリングして体を動かしながら音楽がたのしめる

 WSD-F21HRはカシオが培ってきた腕時計のノウハウをすべて惜しみなく注ぎ込んだ、とても完成度の高いスマートウォッチだと実感した。心拍測定機能についてはスポーツの成果測定だけに使うのではなく、ヘルスケア用途にも簡単に使える機能やサービスを揃えることが時代の流れであるように思う。

 PRO TREK Smartシリーズがアウトドアスタイルに強いツールとして築き上げてきたイメージを大事にしながら、よりマルチに、さまざまなユーザーの期待に応えるウェアラブルとして一皮むけることができるのか、このWSD-F21HRが成功の鍵を握っている。ヘルスケア系のカシオオリジナルアプリを追加したり、ソフトウェアの側からもぜひ継続的な進化を探求し続けてほしいと思う。


■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
注目記事ランキング
ピックアップ