このページの本文へ

Wear OS by Googleを採用するアウトドア対応スマートウォッチ

カシオ初心拍センサー搭載スマートウォッチPRO TREK Smart「WSD-F21HR」を着けて走った

2020年01月05日 12時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ランニングの移動データをGoogleドライブに記録。ウォッチから再度読み込んで利用できる

光学式心拍センサーを搭載。リストバンドが柔らかく装着しやすい

 WSD-F21HRは、本体背面に光学式心拍センサーを内蔵している。センサーを身に着けているユーザーの手首にフィットさせて、LED光を照射しながら体内の血流量を感知。心拍数を推定する。

 センサーが脈拍を正しく計測できるように、ウォッチの背面を肌に密着させて使うのがコツだ。正しい装着方法についてはカシオのサイト(https://support.casio.jp/wsd/manual/wsd-f21hr_ja/BIAJSYxuyuewxv.html)に詳しい解説が載っているので、使用前にチェックしたい。

本体シャーシの背面側に光学式心拍センサーを内蔵。手首に密着させて心拍を記録する

 ボディのサイズは、シリーズの中でもとりわけコンパクトなWSD-F30よりも少し大きく見えるのだが、実はバンドを含む質量はF21HRの方がわずかに軽く、約81g(F30は約83g)としている。ウレタン製の専用バンドが軽く、柔らかいため、装着感がゴツゴツとしていない。

 筆者が試した限りでは本体をピタリと密着させて腕に巻いても、例えばパソコンをタイピングしたり、寝ている間にも邪魔に感じることがなかった。強いて言えばスーツやコートの袖に腕を通すときに、若干時計の大きさが気になることがあったぐらいだ。体型によって装着感には個人差が出てくるものなので、購入を検討する際にはぜひ店頭で試着してみてもらいたい。

 なお、当たり前のことだが、心拍センサーは肌に密着させた状態でないと脈拍を検知できない。スキーウェアやアウトドアジャケットを着る時には衣類の上にウォッチを装着しないよう注意したい。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
注目記事ランキング
ピックアップ