このページの本文へ

Wear OS by Googleを採用するアウトドア対応スマートウォッチ

カシオ初心拍センサー搭載スマートウォッチPRO TREK Smart「WSD-F21HR」を着けて走った

2020年01月05日 12時00分更新

文● 山本 敦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ランニング中のアクティビティアプリの画面。心拍情報や平均ペースなど、情報の画面配置は使いやすいようにカスタマイズもできる

ランニングの成果はGoogleカレンダーに記録

 アクティビティアプリの「ランニング」を利用している際には、画面にリアルタイムで心拍数の遷移が表示される。ペースを自己管理しながら走れるのでありがたい。

 アクティビティアプリを使っていない時にも、ハートレートのウォッチフェイスの中央部分を軽くタップすると心拍数が計測できる。画面のエッジ側をタップすると1日の間に計測された心拍ゾーンの変遷と、最高・最低の心拍数がグラフと数字を表示する。

ランニングの記録はGoogleカレンダーに保存して振り返ることも可能だ

 なお、ウォッチにプリインストールされているカシオオリジナルの「MOMENT SETTER」アプリから、ウォッチで計測したアクティビティのデータをGoogleドライブに自動バックアップする機能が設定できる。活動の成果はスマホやPCのGoogleカレンダーアプリから振り返ることができる。次の目標設定、モチベーションの向上にも役立てられそうだ。

ウォッチによる利用に最適化されたアプリをGoogle Playストアからダウンロードして追加できる

 なお、よりワークアウトのデータを細かく分析したり、コーチングにもウォッチを活用するのであれば、Google Playストアからサードパーティーのアプリを自由に追加できるところもWear OSを搭載するスマートウォッチの醍醐味だ。

 GPSと地図を活用したトラッキングは、たとえば初めて訪れた街を歩いて散策したり、ジョギングを楽しむ用途にも活用できる。

 筆者はPRO TREK SmartシリーズのWSD-F20/F30にもプリインストールされている、「ロケーションメモリー」というアプリがお気に入りだ。ウォッチの本体にダウンロードしたオフラインマップ上に訪れた場所の印象をマーキングしたり、音声入力によるテキストメモを記録して、旅行の時のメモ代わりにしている。内蔵GPSとオフライン地図機能を備えるF21HRとも相性の良いアプリだ。

カシオオリジナルのアプリ「ロケーションメモリー」は街歩きや旅にも活用できる行動記録のメモアプリ。ウォッチの画面から訪れた場所を記録に残したい時にマーキングができる

 ウォッチの右側面には、3つのハードウェアボタンがある。中央の電源ボタンをシングルクリックすると、アプリメニューを表示する。上側のMAPボタン、下側のAPPボタンにはそれぞれ初期設定ではロケーションメモリーとアクティビティのアプリが割り当てられているが、こちらは後からでも変更できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
注目記事ランキング
ピックアップ