このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松本典子の「Azure Logic Apps」超入門 ~AI編~第7回

年末のお買い物、買い忘れ防止に! Google ToDo+Pushcut+Logic Appsで作る

「指定した場所に近づくとスマホに買い物リストを通知する」仕組みを作ろう

2019年12月23日 08時00分更新

文● 松本典子 編集● 大塚/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは。Azure MVPの松本典子です。令和元年も残すところあと少しとなりました。この時期は年末の準備などでいつもより買い出しも多くなり、それに伴って買い忘れも増えたりしませんか?

 私自身「買い忘れ」をよくしてしまうのもあり、今回はそのような「うっかり」を防ぐための方法として、「指定した場所に近づくと事前に登録した買い物リストをiPhoneに通知する仕組み」をノンコーディングで作成する方法をご紹介したいと思います。

0. 作成手順の全体像

 今回の仕組みを作成する手順は以下のとおりです。

  1. Google ToDoの登録と設定
  2. Azure Logic Appsの準備
  3. Pushcutの登録と設定
  4. Azure Logic Appsワークフローの作成

 Microsoftが提供するiPaaSサービスの「Power Automate」には、ワークフローで作成した通知をモバイルに送信できる「Notifications(通知)」コネクタや位置情報が利用できる「場所」コネクタがありますが、Logic Appsにはこれらのコネクタは提供されていません。

 しかし今年、サードパーティー製のサービスである「Pushcut」を利用したコネクタがLogic Appsに追加され、上述したデバイスの場所に基づくサービスを提供するようになりました。今回の仕組みは、このPushcutコネクタを利用したものです。

 Pushcutアプリは現在、iPhone(iOS)のみの提供となります。「Notifications(通知)」機能を利用する場合は、有料プランを契約することをおすすめします(200円/月、2週間の無料試用期間があります)。

PushcutのWebサイト(https://www.pushcut.io/)

 なお、Pushcutアプリは「2. Azure Logic Appsの準備」の段階から必要になります。あらかじめPushcut公式サイト https://www.pushcut.io/ からアプリをiPhoneにダウンロードしておいてください(アップルのApp Storeで名前検索しても出てきます)。

 また、Pushcutにバックグラウンドでの位置情報取得を許可するため、iOSの「設定>プライバシー>位置情報サービス>Pushcut」を開き、「位置情報の利用を許可」を「常に」に設定します。

 Logic AppsのPushcutコネクタでどのようなことができるのかは、以下のドキュメントを参考にしてください。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事