このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松本典子の「Azure Logic Apps」超入門 ~AI編~第5回

「Azure Logic Apps」で「Bing Maps」のコネクタを利用する

現在地から目的地までの道案内をするLINEチャットボットを作ろう

2019年09月13日 10時00分更新

文● 松本典子 編集 ● 大塚/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは。Azure MVPの松本典子です。

 今回はLINEの位置情報を送信できる機能を利用して、「ユーザーの現在地から目的地までの道順をお知らせするLINEチャットボット」を作成する方法です。 目的地は手軽に変更することができるので、イベント時の会場へのユーザー誘導などで活用できるのではないでしょうか?

 今回の仕組みを作成する手順は以下になります。

  1. LINE Messaging API の登録
  2. Bing Maps key の取得
  3. Azure Blob Storageの準備
  4. Azure Logic Apps の作成

1. LINE Messaging APIの登録

 LINE BOT を作成するために「LINE Messaging API」を利用します。利用方法はLINE公式サイトの「Messaging APIを利用するには」を参照してください。

2. Bing Maps の準備

 Logic Apps で Bing Maps のコネクタを利用するには、事前に「Bing maps Dev Center」でKeyを取得する必要があります。 初めて登録する場合は、TOPページの「Sign in」をクリックします。(Microsoftアカウントが必要になります)

Create accountの項目

 表示される「Create account」の項目中、必須項目(*が付いている項目)に必要事項を入力し、「Create」ボタンをクリック。

Create keyの項目

 上部メニューの「My account」から「My keys」をクリックします。 以下の必須項目に入力します。

  1. Application name :わかりやすい名前を入力します。今回は「LogicApps-Maproot」と入力。
  2. Key type:今回は開発用ということで「Basic」を選択。
  3. Application type:今回は開発用ということで「Dev/Test」を選択。 実際のサービスなど商用利用する場合は、利用規約(英語) に沿って適切な Bing Maps Key を取得して利用してください。

 入力したら「Create」ボタンをクリック。 Logic Apps のコネクタで接続するときに「My Keys」ページの情報を利用します。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事