このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

業界人の《ことば》から 第364回

シャープ新会社設立でAmazonやGoogleとの競争も視野に

2019年10月18日 09時00分更新

文● 大河原克行、編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

家電メーカーが始める新ビジネス

 そのほか、AIoTクラウドでは、法人向けクラウドソリューションも提供することになる。

 AIoTクラウドの赤羽社長は「シャープは、スマートライフのプラットフォーマーを目指す。AmazonやGoogleと競争する部分もあるが、連携する部分もある」とし、「スマートライフを追求するうえでは、AmazonやGoogleでさえも、自分たちですべてをやることは難しい。スマートライフの追求においては、シャープが補完できる部分がある」とする。

 AIoTクラウドの具体的な事業計画は明らかにしていないが、IoT事業本部を母体にした259人の体制でスタート。今後増員する計画を打ち出しながら、「まずは黒字化を目指す」とした。

 当初は、プラットフォーム事業を中心に展開。「データの加工、販売、仲介や広告、送客などの事業を考えている。立ち上がりは、開発支援の収益が大きいと考えている。将来的には、プラットフォーム事業とクラウドソリューション事業の売上げを半々にしていたい」と述べた。

 AIoTクラウドは、家電メーカーであるシャープが、家電から生まれるデータを活用して開始する新たなビジネス。この新たな挑戦がどう成長するのかに注目が集まる。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ