このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第630回

iPhone 11 Proは最強の猫撮りスマホかもしれない

2019年10月01日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

やはりスゴかった「iPhone 11 Pro」

猫を自動的に認識してくれるのが楽しくてついスクリーンショットを撮ってしまうのであった。朝、門からそっと出てきた猫

 猫好きはiPhone 11 Proを買え、なんていうともっと前から猫検出機能を持ってる他のスマートフォンに申し訳ないのだけど、さっと見つけてさっと撮れるレスポンスの良さがいいんだよねえ。

三ツ目がウリのiPhone 11 Pro。ミッドナイトグリーンにアップル純正クリアケースを付けてみた。レンズは35mm判換算で13mm相当→26mm相当→52mm相当とちゃんと0.5x→1x→2xとなっている

 そうそう、冒頭写真のスクリーンショットだけど、朝、ちょいとコンビニへ向かっているとき、ガレージの中に猫がいたのである。で、iPhoneを撮りだしたらそそくさとやってきて門を越えたところでちゃんと左右をきょろきょろと確認した瞬間。道路に出るときは左右をチェック。えらいもんだ。そのあとちょこんと座って見つめあったのがこちら。

こっちを向いて止まったのですかさず撮影。×2の望遠カメラで。望遠カメラのクオリティーがちょっと上がったのがうれしい。2019年9月 アップル iPhone 11 Pro

 お次はとある墓地。ぶらぶら歩いてたら、横から急に猫が出てきたのだ。どうも潜んでくつろいでいたところにわたしの気配がして慌てて飛び出てきたらしい。

どなたかのお墓からにゅーっと出てきた立派なハチワレ。これも×2の望遠カメラで。伸び方がよい。2019年9月 アップル iPhone 11 Pro

 とことことこと逃げていくさまをカメラごしに見ると、なんか猫の後ろ姿も認識してる! 猫のとこに黄色い枠が出てる! シャッター押さずについスクリーンショット撮っちゃいました。いやはや。

ちゃんと猫に黄色い枠がついてるのがわかってもらえるかと思う

 そうそう、欲しいのは猫の顔認識じゃなくて「猫認識」なのだ。猫はいつも眼をぱっちりあけて、こっちを向いてるわけじゃないのだから。こういうの大事。さすがアップル。この墓場の猫さん、姿が見えなくなったので諦めてたら、ちょっと離れたお墓でくつろいでたのでちょっとご挨拶。

あ、ばれた、って感じでこっちを見てくれた。りっぱなハチワレである。2019年9月 アップル iPhone 11 Pro

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン